監督・コーチ

<< 書籍「13歳のハローワーク」の職業解説 >>

競技によって異なるが、プロの選手を育てたり、プロの選手やチームを指導する監督やコーチは、やはりその競技の経験者、それもプロやそれと同等のキャリアがある元選手が圧倒的に多い。もちろん現役時代の経験の蓄積があるからだが、人脈がものをいう点も見逃せない。もうひとつ、職業として監督、コーチが成立しているのは学校だ。本職は教師でも、その学校のスポーツへの力の入れ方によっては、こちらのほうが主となる。学校によっては専門のコーチを学外から招くこともある。この場合は指導実績が求められる。サッカーのように、アマチュアからプロまで段階的にコーチの資格制度を設けたり、テニスのように、コーチのプロを資格として設けている種目もある。

<< 編集部の職業解説 >>

試合に勝利するために戦術を考え、選手を起用する。強い選手の育成のため、技術を教える。

次はこんな職業も見てみよう!