美術鑑定士

<< 書籍「13歳のハローワーク」の職業解説 >>

絵画、書、陶磁器、骨董などの真贋、価値を見分ける。鑑定書を発行することもある。美術館や画廊、古美術商などで働くことになるが、画廊や古美術商などの場合は、価値を時代の相場に合った価格にはじきだす能力も必要になってくる。美術鑑定士として専門的に学ぶ学校はなく、一般的にはほかの鑑定士のもとで修業をし、審美眼を養う場合が多い。資格は必要ない。経験と信頼がものをいうため、一生を通じての勉強が必要になる。また、特定の分野で一流と認められるようになると、裁判所から「国選鑑定人」を依頼される場合がある。裁判所が差し押さえた物の評価額を出したり、詐欺事件で使用されたものの真贋を見極める仕事だ。

次はこんな職業も見てみよう!