メイクアップアーティスト

<< 書籍「13歳のハローワーク」の職業解説 >>

モデルやタレント、俳優のメイクを手がけるのがメイクアップアーティスト。活躍の場はテレビや映画、雑誌、CM、ファッションショー、コンサート、演劇などで、業界ではよく「メイクさん」と親しみを込めて呼ばれる。化粧品や肌などの知識に加えて、求められるイメージにそったメイクができる応用力や、長時間かかる仕事に持ちこたえられる体力もいる。メイクアップアーティストになるためには、専門学校や短期大学にあるメイクアップアーティストコースで学び、美容専門プロダクションやメイクアップ専門会社などに所属する。経験を積んでからは、フリーとして活躍する人も多い。また、化粧品メーカーや結婚式場、美容室などでメイクを担当したり、ビューティーカウンセラーをするケースもある。最近ではヘアやネイルまで総合的に手がける人も増えてきており、美容師の資格があるとより有利だ。ちょっと変わったところでは、特殊メイクを専門とするメイクアップアーティストもいる。

<< 編集部の職業解説 >>

化粧に関する高い技能を持った専門家をメイクアップアーティストという。依頼者の要望に応えることはもちろん、モデルの顔だちや服装、雰囲気に応じたメイクをする技術と想像力が求められる。また、美容師の資格があれば、化粧だけに限らず髪もメイクアップすることができ、仕事の幅は広がるだろう。メイクアップアーティストになるために必須の資格はないが、文部科学省認定の色彩検定を受験する人が多い。

◆メイクアップ専門のプロダクションに就職した場合、未経験者は月収10万円前後、中堅クラスで20万円~、実績を積みフリーとして活躍すれば月収80万円~という人も。(※1)

※1『ニッポンの職業・しごと全ガイド2006』自由国民社よりp311
勤務先、経験年数、雇用形態などにより大きく異なります。

次はこんな職業も見てみよう!