HOME > 13hw編集部ブログ > 記事

13hw編集部ブログ

FORUM:オススメ回答 ★オススメ回答★【職業ピックアップ!】鉱物に関わる仕事って何があるの?(03.30)

2009年3月30日

こんにちは!13hw編集部 大学生インターンの角谷祐科です。

先日友人からチケットをもらったので
ある高校の吹奏楽部の定期演奏会に行ってきました。

迫力ある演奏や凝った演出でとても楽しめたのですが
3年生にとっては高校生活最後の演奏会。

泣きながら演奏する子、やりきった!という表情の子、
3年間全力で頑張ったことがものすごく伝わってきて
心から感動しました。

高校生には高校生にしかできないことがあります。
本気になれることに出会えたのは素晴らしいことですし、
それが自分の宝にもなると思います。

いろんなことを考えさせてくれる素敵な時間を過ごすことができ、
また自分を見直す機会になりました。
自分にプラスになる1日であり、
これからもこのような日をもっとたくさん作りたいです!

さて、今日は鉱物関係の仕事についての質問と回答をご紹介します!


■鉱物関係
http://minna.13hw.com/forum/viewthread/5754/
僕は今、小学6年生です。僕は学校の先生の特別授業で鉱物が好きになりました。将来は鉱物関係の仕事につきたいのですが、鉱物関係の仕事にはどのようなものがあるのですか?そしてその職業のなり方や普段の授業でも頑張ったほうが良い教科を教えてください。お願いします。

スーパーミネラルマンさん/小学生)

この質問に対して

スーパーミネラルマンさん、こんにちは。
通りすがりの学芸員です。

鉱物に関係する仕事にも色々ありますが、鉱物に関係する仕事は
「科学的に扱う」
「商品として扱う」
「原料として扱う」
のどれかだと思います。

鉱物の研究者
鉱物を科学的に扱う代表的な仕事は、大学や博物館などの研究者です。
野外で採集して研究する人もいれば、室内だけで顕微鏡を覗いて研究する人もいます。
ただ世の中に大学はたくさんありますが、こうした鉱物の研究ができる環境が整っているところはそれほど多くありません。理学部のある大学で、地球物理学とか地学といった名前がついているところで勉強することができます。
最終的に研究者にならなくても、鉱物に関わる仕事につくなら、このような大学に行く必要があります。鉱物に関する大学は国立大学である場合が多いので、一通りすべての勉強をしっかりやらなければいけません。そのうえで地学、化学、数学、物理学などを特に勉強すると良いと思います。
博物館でも自然系のところでは鉱物に関する仕事ができます。この場合は私のような
「学芸員」か、あるいは「研究員」ということになると思います。国内の博物館での採用は欠員補充が大半なので、なかなか就職口がありません。外国語がよくできれば外国の博物館で働くこともできるかもしれません。

鉱物商
日本では毎年新宿や池袋、大阪などで「ミネラルフェア」という鉱物や化石の展示即売会が開催されます。このような催しで鉱物を販売するお店の人たちを「鉱物商」と呼びます。
鉱物商になるには、鉱物や化石の基本的な知識が必要なだけでなく、いかに多くの実物を見ているか、が重要です。このような即売会の商品は、海外のフェア(アメリカやドイツなど)で仕入れることが多いのですがニセモノが売られていることもあり、そのようなものを仕入れないよう見極める力が必要です。
海外で仕入れるということは、もちろん外国語もできないとだめですね。

宝石商や宝飾デザイナー
鉱物の成分が純粋に集まって固まると「結晶」となります。この結晶のうち美しくて加工に耐えるものは「宝石」となります。こうした考え方をすれば、宝石を扱ったり、加工したりするのも鉱物に関係した仕事といえますね。前の鉱物商と基本的には似ていると思います。
これらの鉱物商や宝石関係の仕事が、鉱物を商品として扱う仕事の代表でしょう。

鉱山会社
鉱物を原料として扱うのは、資源としての鉱物を採掘する会社、ということになります。たとえば原子力発電にはウラン鉱石が必要です。そのほかにも、私たちが普段利用している金属には、リサイクル資源以外の天然資源から加工されているものがあります。こういった会社では、鉱物を含む岩石などを、いかに効率よくたくさん採掘するかが重要になります。そうすると細かな成分とかよりも地層のどのあたりに多いか、とか新しい精錬方法を開発するとか、そういった知識も必要だと思います。
こうした鉱山の多くは海外ですが、日本の企業が合弁会社などをつくって操業しているケースがあります。こうした企業では鉱物の知識も必要ですが、むしろ外国語が堪能であることのほうが重要かもしれませんね。

鉱物に直接関係する分野は「地学」ですが、これから先の中学や高校のでは授業では、あまり深く勉強することができないと思います。学校のクラブや部活動で地学部とか自然科学部などがあれば入ってみてはどうでしょうか。まずは特別授業の先生にいろいろと話を聞くのが良いと思います。
あとは近くに博物館があれば、訪ねてみると良いでしょう。
そこでもきっと色々なことを学ぶことができると思います。

日本は火山国なので、とても多くの鉱物が産出します。その反面に国土は狭く、資源の量そのものはそれほど多くありません。でも人口は多いので、色々な資源を輸入に頼って、私たちは暮らしています。
鉱物とその利用方法を研究することは、私たちの将来のためにも重要だと思います。
ぜひともこの思いを持ち続けて、鉱物に関わる仕事を目指してください。

通りすがりの学芸員さん/学芸員)

一言に鉱物と言ってもたくさんのお仕事があるんですね。
日本が多くの鉱物を産出しているのも初めて知りました。
少ない資源を有効利用するために
私たちもできることをやっていかなければなりません。

(大学生インターン/角谷祐科)

◆◇この質問・回答を全部見る。
http://minna.13hw.com/forum/viewthread/5754/
◆◇「もっと教えて!フォーラム」を見る。
http://minna.13hw.com/forum/index/
◆◇質問したい方は・・・ 初めて質問をする方は、「フォーラム参加登録」を行ってください。
https://minna.13hw.com/work_con/m/t/
◆◇回答するには・・・ 初めての方は「仕事白書」への登録を行ってください。
http://minna.13hw.com/work_con/b_.html

ページトップ

コメント

13hw編集部ブログ
新着記事
カテゴリ
バックナンバー