HOME > 13hw編集部ブログ > 記事

13hw編集部ブログ

コチラ13hw舞台ウラ ★編集部スタッフが綴る★ 横溝:~家族で世界旅行~北欧編(10.21)

2009年10月21日

World Cupを観に行くと、各国のサポーター同士が声を掛け合い、褒め称えあい、
皆が仲良く応援したり、飲んだり・・・。国境を感じない。

その感じがたまらなく大好きで、98年のフランスワールドカップから、
全て現地で観戦している。
本当にサイコー!な、サイコー!な世界の祭典である!!!

そんな興奮と余韻のドイツを後にして、私たち家族は北欧に向かった・・・。

===================================

前回、私たち家族は小笠原諸島の父島に住んでいたと書いたが、
その小笠原諸島でもエコに関する取り組みが盛んに行われていて、
スウェーデンのゴットランドがスゴイ!と、聞いたことがあり、
ここまで来たなら、行ってみよう!と、早速行く事になった!

しかし、詳しくどうスゴイかは分からず、敢えて勉強もせず、感じてみよう!と言う事になった。
ところが、これがなかなかどこがスゴイか分からない・・・。
道行く人は自転車に乗ってたりするが、特にその人数が多いと言うわけでもなく、
泊まった宿では、1日中(夜中まで)電気を煌々と点けていて、本当にエコなの?!?
と、疑うほどだった。

ちなみにエコと言えば・・・ドイツはすごかった!
World Cupの会場では、カップにデポジットが予め加算されていて、
そのカップを返さないと、デポジットが戻ってこないようになっていたので、
会場にカップが散らばっている事がなかった。

そんな大きなイベント会場だけでなく、
町中にある一般的なスーパーやコンビニのペットボトルでも、
全てデポジットが加算されていて、レジでも機械でもペットボトルを返却出来、
お金が帰ってくるシステムになっていたので、町中にもペットボトルが捨てられている事がなかった。

ドイツ・マンハイムのスーパー|この機械に空のペットボトルを入れるとデポジットが戻ってくる
【ドイツ・マンハイムのスーパー|この機械に空のペットボトルを入れるとデポジットが戻ってくる】

このシステムには大いに感動し、日本にも是非取り入れて欲しい!!!
と、心の底から本当にそう思った。

と、言う事で、結局何がスゴイのか体感出来ずにゴットランドを後にした・・・。
↓帰ってきて調べたら、やっぱりスゴイらしい・・・。(反省!)

■参考サイト:「国際環境ビジネスネットワークスウェーデン・日本

その後、ストックホルムや、ノルウェーのオスロやベルゲンも訪れた。
北欧で感じたのは、とにもかくにも物価が高い!!!

ベルゲンは港町でもあるので、お寿司が美味しいだろうと食べに行けば・・・
ナ、ナント!シャリが小指くらいしかなく、お寿司も数個しかないのに、
4000円以上するし、ビールも500mlも入らなそうなグラスで、1200円位するのだ!!!
サンドイッチも少し大きめで、1100円!

ノルウェー・ベルゲンのお寿司屋さん|これで4000円以上!
【ノルウェー・ベルゲンのお寿司屋さん|これで4000円以上!】

ノルウェー・ベルゲンのサンドウィッチ|これで1100円くらい!
【ノルウェー・ベルゲンのサンドウィッチ|これで1100円くらい!】

この先続く旅の事を考えると浪費も出来ず、カップ麺やコンビニ売ってる簡単なパンなどで食事を済ませ、
早々と北欧を後にした・・・。

もちろん!いい所もありましたよ!!!
ドイツに続き、女性がすらっと背が高くて、色白で、キレイで。
モデルさんばかりが歩いているようでした。
それはそれは、目の保養になりました!(笑)

次回はどこだ?!?
乞うご期待???

(13歳のハローワーク公式サイト 編集部/横溝)

ページトップ

コメント

13hw編集部ブログ
新着記事
カテゴリ
バックナンバー