HOME > 13hw編集部ブログ > 記事

13hw編集部ブログ

コチラ13hw舞台ウラ ★編集部スタッフが綴る★ うだ:原宿で人と画に癒される~絵本画家 はまのゆかさん(10.27)

2009年10月27日

みなさん、こんにちは!編集スタッフのうだがわです。

今日は、小学校1年生の姪の原宿デビューに同行した夏の思い出を記します。
「13歳のハローワーク」で挿絵を描かれている
絵本画家 はまのゆかさんの画に心癒されたエピソードです!

===================================

夏のある日、6歳の姪と原宿に出かけました。

お目当ては、画家はまのゆかさんのデビュー10周年記念のポスター展。

絵を描くのが好きな姪は、はまのさんの作品世界がお気に入りのようで、苦手な電車に揺られて同行してくれました。

会場は、
JR原宿駅の竹下通り口を出てすぐにあるカフェ・キッチン「YOUTH RECORDS/KITCHEN WALTZ」です。
若者で賑わう原宿の喧騒の中にあるポップだけど穏やかなお店といった感じ。

はまのゆか作品inYOUTH RECORDS

店内では中古レコードも販売され、心地よい音楽が流れてます。

何とちょうど、はまのさんがいらっしゃって、次回作の作業をしていました。

早速はまのさんが描く様子に夢中の姪。

描くはまのゆかさんと姪

「上手…」といいながら熱心に観て、その後隣で自分も画を描き始めました。

はまのゆか作品inYOUTH RECORDSその2

姪が描いたはまのゆかさん

上の写真は、自分とはまのさんだそうです。

見るだけで心安らぐはまのさんの画に囲まれお話しながら、あっという間に時間が経ち、カフェを後にしました。

店を出て、竹下通りへ。
「ここが若い人が一番集まる竹下通りだよ。歩ける?」と姪に聞くと

「しんちゃんが、歩きたいなら歩いてもいいよ。」
(…なぜか、上から目線・・・彼女かよ!)

原宿SoLaDoで姪がクレープを食べている

クレープを食べて、明治通りへ。
行き交う人々を見て、6歳が一言。

「やっぱり東京は女の街だな。」

(…あんた何者だよ。)

明治通り沿いでは、24時間テレビの企画で、設置されたゲートをくぐるために一歩踏み出し、これからやりたいことを字に書いてボードに掲げると、1円募金したことになるというコーナーがあり2人で参加。

原宿auイベントにて

姪の書いたやってみたいことは・・・

「ガイコクにいきたい」
へぇー、小学1年生で、こんなこと考えるんだ~。(素晴らしぞ、姪!叔父バカです。)

踏み出したい一歩 at 原宿au

姪の原宿デビューに、素敵な思い出をくれた、はまのさん、ありがとう!

はまのゆかさんと姪

===================================
ちなみに、はまのさんが参加する“本の祭り”が東京の神保町で開催されるそうです!
2009年10月31日(土)・11月1日(日)
時間・・・11時~18時
場所・・・神保町のすずらん通りにある喫茶店FOLIO前
http://folio.fc2web.com
===================================

みなさんも、ご自身のまわりの子どもや中高生、若者が社会や様々なプロと触れ合っている場や体感している場に出くわしたことはありますか?

あったら是非教えてください!

ページトップ

コメント

One thought on “★編集部スタッフが綴る★ うだ:原宿で人と画に癒される~絵本画家 はまのゆかさん(10.27)

  1. うだちゃん

    子供の父親です。
    とっても喜んでおりました。
    有難うございました。

Comments are closed.

13hw編集部ブログ
新着記事
カテゴリ
バックナンバー