HOME > 13hw編集部ブログ > 記事

13hw編集部ブログ

コチラ13hw舞台ウラ ★編集部スタッフが綴る★ 横溝:~家族で世界旅行~サルディーニャ編(10.28)

2009年10月28日

既に日本を出発して2ヶ月が過ぎた・・・。

とにかく物価が高くて何だか落ち着かない北欧を早々に脱出して、
イタリアはサルディーニャ島に向かった。

イタリアのサッカー選手たちが、オフになると訪れるリゾート地だと言うので、
1度見ておかないと!

===================================

ヨーロッパには沢山の安い安い飛行機が飛んでいる。

インターネットで予約してその予約番号だけでチェックインして、席も自由で何のサービスも無く、
飲食物はお金を出して買うシステムになっている。

飛行機はキレイだし、安全面では通常のほかの飛行機より良かった気がする。
離発着の時、2歳の息子がなかなか私たちの膝から離れてくれなく、
大きな航空会社は特に何も言われなかったが、この安い航空会社では、
きちんと1人で座ってシートベルトをちゃんとするまで許してもらえないのだ!
でも、このあたりは何だか安心した。スタッフの感じもとても良かった!!!

確かその当時、Ryanairではロンドンからどこかヨーロッパの都市まで、
燃料サーチャージも込みでたったの!1ユーロだった事もあった。
これにはびっくり仰天だった!!!予約が早ければ早いほど安いのだ!

同じ型の飛行機を使ってメンテナンス費を下げたり、サービスも最低限にしたり、
使う飛行場を大都市から離れた小さな所を使うことにより、安さが実現されているのだ!
旅行中、この安い安い航空会社たちにどれだけ助けられた事か・・・。

★安い航空会社たちのほんの一部紹介★
■easyJet
http://www.easyjet.com/
■Germanwings
http://www.germanwings.com/index.en.shtml?gwcref=http://www.gogo-sekai.com/wroute.html
■Ryanair
http://www.ryanair.com/site/EN/

サルディーニャでは悲運が幸運に繋がった。

サルディーニャに着いたら、ビーチ沿いのホテルを探そう!と、意気込んでいたのだが、
空港で借りたレンタカーが予想以上に小さく、私たち大人3人+子ども1人で、荷物もたくさん・・・
後ろの席の1つも荷物で埋まり、その荷物が落ちてくるのを私が押さえながら、
更に息子をお腹の上に抱えて長いドライブに出発する羽目になった。

それが道はくねくねの曲がり道の上、他の車は飛ばす飛ばす!細い道でもがんがん追い抜いてくる。
それを避けたり、迷惑を掛けないように飛ばしたりしているうちに、私と息子が車に酔ってしまったのだ!
私は人生初の車酔いだった。

車を止めて、道端で少し寝転がって休憩した。
島はとても大きく、もっと遠くまで行くつもりだったが、これ以上のドライブは無理!と、
近場で宿泊先を探す事になった。それがナント!功を奏したのだ!!!

その後1件目で見つけたホテルがリゾート地の雰囲気満載で、
1泊1人当たり夕・朝食付きで、たったの!¥6.000位。
大きなプールもあり、夕食は、夕陽が目の前の山に落ちていくのを眺めながらデッキで戴くのだ!
その食事がコースになっているのだが、美味しいのなんのって!!!
毎日違うメニューが運ばれてくるのだ。ワインも安くて美味しかった!

サルディーニャ島・テンピオ|PAUSANIA INN
【サルディーニャ島・テンピオ|ホテルのプール】

このホテルは長期宿泊者が多く、私たちが滞在している間も殆どメンバーが変わらず、
毎日顔を合わせるので話もするようになり、ドイツ人から、イタリア人、フランス人と、国際色豊かだった。
息子なんかはフランス人ご夫婦に「フランスにつれて帰りたい!」と言われたほどだった。

夕食時|息子とフランス人ご夫婦
【このデッキで食べる夕食は格別!|このフランス人ご夫婦は我が息子を気に入ってくれた!】

車酔いからこのホテルに出会い、「転んでもタダでは起きない!」とばかりに
本当に私たちは幸運だった!!!
今までの旅の疲れも吹っ飛ぶくらい癒され、サイコーな数日を過ごし、そのホテルともさよならした。

サルディーニャは、結局思い描いていたようなリゾート島ではなく、大きな島にリゾートエリアもあるよ!
ってな感じだった。
そもそもガイドブックも何も持たずに来ているからさっぱり分からないのだ!

しかしせっかく来たので海が見えるところまで行き、
記念に息子は地中海ですっぽんぽんになり少し泳ぎ、
またまた安い飛行機でサルディーニャを後にした。

地中海|島育ちの息子はすっぽんぽんに!
【地中海|島育ちの息子は勿論!すっぽんぽんに!】

さて次なる目的地は・・・?!?

(13歳のハローワーク公式サイト 編集部/横溝)

ページトップ

コメント

4 thoughts on “★編集部スタッフが綴る★ 横溝:~家族で世界旅行~サルディーニャ編(10.28)

  1. すずき

    はじめまして。すずきと申します。
    不躾ながら質問させてください。
    我が家もにサルディニア島へ旅行に行きたいなと考えているのですが、こちらでご紹介されているホテルの名前等を教えて頂くことは可能でしょうか。
    お返事いただけると幸いです。
    よろしくお願いします。

  2. 13歳のハローワーク公式サイト 編集部/横溝

    すずきさん、
    コメントを頂き、ありがとうございます。
    また、私のつたないブログも読んでくださり、ありがとうございました。

    さて、早速頂いた質問にお答え致します!

    このホテルは、北東のオルビア空港から、西のサッサリに向かう途中にある、テンピオという小さな町のはずれにある、「PAUSANIA INN」と言うこじんまりとしたリゾートホテルでした。

    同行した姉が作成しているHPに案内があるので、そのアドレスをお教えします。

    http://www.gogo-sekai.com/wstay01.html#ws9

    サルディーニャの写真もたくさんあります。
    是非見て下さい!

    http://www.gogo-sekai.com/wp032it.html
    http://www.gogo-sekai.com/wp033it.html
    http://www.gogo-sekai.com/wp034it.html

    ロケーションは最高!
    料理もスタッフも最高でした!!!

    是非是非!訪ねてみて下さいね!

  3. すずき

    早速のお返事ありがとうございます。

    ホテルのHPで空き部屋検索をしたところ、私たちの予定日は満室のようでしたので、残念ですが他に探して見ます。
    ホテルの写真を拝見して(お食事が最高においしそう!)気分が盛り上がってしまっていたのに・・・。

    経費削減の為貸家をあたってみようと思っています。

    ちなみに当方ドイツ在住でして、チケットはもちろんGermanwingsです!

  4. 13歳のハローワーク公式サイト 編集部/横溝

    すずきさん、

    お返事が遅くなってしまってすみませんでした。

    そうでしたか・・・。満室でしたか。。。
    それは、非常に非常に残念です!
    同じ思いを是非して頂きたかった・・・。

    そして、ドイツ在住でいらっしゃいましたか。驚きました!
    でも、サルディーニャには日本より近いので(笑)、是非是非またトライしてみて下さいね!

    Germanwingsで行かれるんですね!
    本当に、ローコストエアラインズはサイコー!!ですよね!

    あぁ、私も必ずやもう一度行くぞ!!!

Comments are closed.

13hw編集部ブログ
新着記事
カテゴリ
バックナンバー