HOME > 13hw編集部ブログ > 記事

13hw編集部ブログ

メルマガ[13hw News] 【13歳のハローワーク:特別号】中学生がつくりました編!

2010年2月20日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     13歳のハローワーク公式サイトの最新情報をお届け!
         「13歳のハローワーク公式サイトNews」
            http://www.13hw.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2010/ 2/20 ━━━

こんにちは!13hw編集部です。

今日は、「メルマガ特別編 田園調布雙葉中学編」をお届けします!

2010年2月8日(月)、13歳のハローワーク公式サイト編集部は
東京都世田谷区にある田園調布雙葉中学高等学校を訪問し
選択「情報」の授業に参加。

中学3年生19名を対象に、
【13歳のハローワーク公式サイトのメルマガを書こう!】を
担当の小林潤一郎先生と実施しました。

コンピューター教室で行なわれた授業では、
まず1人1人がパソコンを使って13歳のハローワーク公式サイトを体験。

さらに、1日編集スタッフとしてメルマガ作成に挑戦!
テーマは、以下の3つです。

【1】[この職業知ってました?]
    自分たちが参考になった注目の職業を紹介する。
【2】[おすすめQ&A]
    フォーラム「もっと教えて!みんなの仕事」でなるほど!
    と思ったQ&Aを紹介する。
【3】[心に響くプロの言葉]
    インタビュー「この人に聞きたい」を読んで、
    心に響いた部分を紹介する。

今回は、6つのグループに分かれ、
読者約1万人に実際に配信するメルマガを作成してもらいました。
中学3年生19名が、真剣に取り組み、
素直に書いたメルマガを是非読んでください。

—[INDEX]—————————————————————-

 【1】[この職業知ってました?] チーム名「網子☆」

 【2】[この職業知ってました?] チーム名「醍醐味」

 【3】[おすすめQ&A] チーム名「フラン」

 【4】[おすすめQ&A] チーム名「3年B組金八先生」

 【5】[心に響くプロの言葉] チーム名「サッカー」

 【6】[心に響くプロの言葉] チーム名「ほ。によ」

————————————————————————–

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【1】[この職業知ってました?] チーム名「網子☆」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 今回注目した職業は、カフェレシピクリエイターです(・ω・*)
 さて、カフェレシピクリエイターとは何か、皆さん知っていますか
 この職業は、「カフェごはん」とよばれるものの構成や企画をして、
 カフェレシピを考える人です。
 カフェの利用はふつう皆さんが食べている朝・昼・晩以外の
 時間帯に来る人が多いです。
 それに対応したのが第3の食事形態、これこそが「カフェごはん」です。
 常識にとらわれず、自由な発想をする人に向いています。
 最近では、ホテル、レストラン、などの食関連企業へ
 メニューの提案をすることができ、人気が上がっています (*´∀`*)ノ

 あなたが考えたカフェごはんが、
 実際にカフェに出るなんてことがあるでしょう。
 興奮しませんか?自分の考えたものが、みんなの笑顔につながるのです!
 料理が好きな人におすすめです∩(´∀`●)∩

 >>編集部の職業紹介はコチラから↓
   http://www.13hw.com/job/J000100083-a.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【2】[この職業知ってました?] チーム名「醍醐味」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 <便利屋の仕事> ※あくまで、一例です。
 ・告白代行
 ・恋人になりきる
 ・介護(高齢化にともない、需要が増えている)
 ・サンタクロース代行
 <いいところ>
 ・やる気があれば電話とFAXだけで始める事ができる
 ・色々な人達の人生に関われる
 ・色々な仕事ができ色々な経験ができる
 <大変なところ>
 ・秘密厳守は絶対
 ・あまり儲かる仕事ではない
 ・時間が自由にならないのは日常茶飯事

 それでは、ここで花子ちゃんと太郎君の会話に注目してみよう。

 花「便利屋って楽しそうね!」
 太「でも色々な人たちの人生に関わるって事は、
 それだけ大変な事に巻き込まれる可能性があるんだよ」
 花「それは大変だわ。」
 太「でも、スリルがあるじゃないか」
 花「もう、太郎君ったら。儲かる仕事じゃないのよ?」
 太「やりがいは感じられるよね。」
 花「サンタクロース代行なんて、未来の子供たちに夢を与えられるわね!」
 太「僕便利屋になりたい!」
 花「でも自由じゃなくなるなんて・・私太郎くんと離れたくない」
 太「んー、秘密厳守なんて。僕は花子ちゃんに何でも話したいのになぁ」
 花「そうね、楽しそうだけど、その分仕事って大変ね。」

 太郎君と花子ちゃんは、便利屋についてよく知る事ができた様です。

 >>編集部の職業紹介はコチラから↓
   http://www.13hw.com/job/05_06_11.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【3】[おすすめQ&A] チーム名「フラン」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◆ <編集部よりひとこと>
◆◆ 今回ご紹介する1つ目の質問は「ゲームクリエイターに興味があるけれど
◆◆ 心配なことがある・・・。」というものです。
◆◆ 詳しくはコチラをどうぞ↓

 http://minna.13hw.com/forum/viewthread/4151/

 この質問に対して、私なりの感想を書きたいと思います。

 確かに、子供のうちは様々な道があり様々な夢を持っています。
 その夢を自分の中で膨らますのもありだと思いますし、
 その思いを実際に役立てれば最高だと思います。
 ですが、大人になったからといって「もう社会人だから…」、
 「もう現実を見る歳でしょ?」等と思う必要はないと思います。
 子供には子供のやり方がありますし、
 大人には大人なりのやり方があると思います。
 自分のやりたい事を「周りが反対しているから…」
 と諦めてしまうのは惜しい事だと思います。
 自分のやりたい事をやらずに後悔するのと、
 自分のやりたい事をやって後悔するのでは
 後悔の大きさが全く違うと思います。
 自分のやりたい事を最後までやり遂げる事は難しいを思いますが、
 苦労は大きければ大きい程、達成感があるのではないでしょうか?
 あくまでこれは私の見解ですので「そんな事ない」と思われると思います。
 ですが、この意見を見て、
 少しでも自分のやりたい将来の夢をかなえていただけたら嬉しいです。

◆◆ <編集部よりひとこと>
◆◆ 今回ご紹介する2つ目の質問は「客室乗務員の仕事に関する疑問」です。
◆◆ 詳しくはコチラをどうぞ↓

 http://minna.13hw.com/forum/viewthread/3594/

 この質問に対しての簡単な感想を書きたいと思います。

 “国内線より国際線の方が胸をはれる”との事を聞かれて、
 不安になられたそうですが、
 あなたがやりたいと思っているならまったく気にする必要はないと思います。
 又、上下関係というのは多かれ少なかれ何処にでもあるものですので、
 あまり気にしない方がよいと思います。
 同様にお給料の事も、あなたが本当にしたいと思える職業ならば
 気にしなくてもよいのではないでしょうか?
 なりたいものが在るだけで幸せな事だと思います。
 夢に向かって是非頑張って下さい!

◆◆ <編集部よりひとこと>
◆◆ 今回ご紹介する3つ目の質問です。
◆◆ 詳しくはコチラをどうぞ↓

 http://minna.13hw.com/forum/viewthread/3932/

 今、若者の間で声優という職業に興味を持つ人が増えているように感じます。
 かつてはあまり注目されなかったと言ってもよい職業:声優。
 今では、アニメや映画の吹き替えといった枠を飛び越え
 歌手活動やモデルのような活動をしている人もいます。
 アイドル化する声優に惹かれる若者が増える一方、
 その声優を<支える側>に立ちたいと考える若者は
 どのくらいいるでしょうか。

 今回紹介するのは、その<支える側>に立ちたいと願う高校生からの質問です。

 自分は声優にはなれない、だからせめて声優のマネージャ-になりたい。
 けれどどうすればいいのかわからない。
 そんな青年の質問に、スタジオ経営者の方、
 そして声優マネージャーの方から厳しくも温かい回答が届いています。

 声優のマネージャーという仕事はあまり目立つ仕事とは言えません。
 しかし自分の好きな職業の人を支えたいという気持ちは
 すごく立派な気持ちです。
 夢に向かってがんばってほしい、そんな応援の気持ちが生まれました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【4】[おすすめQ&A] チーム名「3年B組金八先生」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 △▼△▼△チーム3年B組金ぱt・・・間違いました、金八先生です△▼△▼△

 おすすめ!!!Q&A~~~~~~~!!!!!!!(^ゝ^)ノノ
 いぇ~~~~~パチパチ・・・!!!

 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★おすすめの質問☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 やりたいことが多すぎて大学選びに困っているという質問です(з▽з))))))
 詳しくはこちら→→→http://minna.13hw.com/forum/viewthread/8247

 ○●○●○●○●○●○●この質問に対しての感想○●○●○●○●○●○●

 返答の「やりたいこととできることは違う」
 という言葉はごもっともだと思います。
 いろいろな人がやりたいことばっかりやっていたら
 世の中めちゃくちゃになっちゃいますしね。
 また、まだまだ学生の期間は長いので
 将来の夢が決まってなくてもいいと思うし、
 大学に入ってからでもゆっくり見つけていけばいいと思います。
 でも大まかな「やりたいこと」は見つけておいたほうがいいと思います☆彡

 今将来が決められない人が増えているそうです。
 「したいことがありすぎる」「やりたいことが見つからない」
 という質問もたくさんあります。そ
 それに対する回答も様々で、どれも響くものばかりです。
 私は夢を持つきっかけというのは、人生においてたくさんあると思います。
 それに気づくか気づかないかは
 あなた次第☆ミ

 やりたいこととできることは違う・・・・・
 というのは少し厳しい言葉かもしれません。
 しかしそこに注目することで、自分の本質を見つめることができ、
 将来について深く現実的に考えられると思います。

 大人になって、趣味を見つけて職業に就くことも可能だから、
 別に学生のときに考えなくても人間には限りない可能性があるので
 心配しなくても大丈夫!できるよ!やれる!

 〔〔〔〔〔まとめ〕〕〕〕〕
 そんな急がなくてもいいじゃない☆人生まだ長いよ!(о▽о)ノノノノノノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【5】[心に響くプロの言葉] チーム名「サッカー」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 中村憲剛
 1980年東京都生まれ
 日本代表に就任したオシム監督のもと、日本代表メンバーに初選出され、
 2006年10月にガーナ戦で初出場を果たし、
 インド戦で代表初ゴールを記録した。
 175cm、66kg。

 まず私達はサッカー選手でお馴染みの中村憲剛さんの言葉を選びました。

 この記事を読んで心に残った言葉は

 ・実現できるか分からない夢を持つよりも、
  目前の課題を解決する方が意味がある
 ・今日は「これを頑張った」と思える毎日を過ごして欲しい。
  その積み重ねで道ができるのだからです

 この人を選んだ理由は部活をやっている私たちにとって
 とても身近に感じられ、興味を持ったからです。
 このメッセージを読んで、いくら無謀な夢でもあきらめずに
 自分の力を信じていけばいつか道が開けるのだと感じました。

 今できることを1ずつこなしていくことが大切だと思います。
 この記事を読んで皆が夢に向かってがんばれることを願っています(-3-)

 >>中村憲剛氏のインタビュー記事はコチラから↓
   http://www.13hw.com/interview/interview29/29_01.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【6】[心に響くプロの言葉] チーム名「ほ。によ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 今回私達は蓮舫さんに注目してみました。
 蓮舫さんは2004年7月11日の参議院選挙で当選され、
 現在2児の母でもあります。
 私達が蓮舫さんを選んだ理由は、ただ単純にかっこいいと思ったからです。
 しかし、蓮舫さんのインタビューを読むうちに、
 ただかっこいいだけの人ではないということがよくわかりました。
 私達の心に響いた言葉を2つ紹介します。

 1つ目は、

 「与えられた仕事は後悔しないように常に努力をしてきています。
 その場所から後戻りしないように必ず努力し、勉強してきました。
 それぐらいですね」

 というものです。
 モデルやタレント、司会、ニュースキャスター、ジャーナリスト、
 そして政治家という様々な仕事を経験してきた蓮舫さんの言葉だからこそ、
 信頼できるのだと思います。

 2つ目は、

 「『何になってほしいですか』。そんなものは子どもが考えることで、
 私が押しつけることではないです。
 自分で手にするもので、与えるものじゃない」

 最近の親は、子どもの進む道を自分で決めて押しつけてしまったり、
 逆に放任しすぎであったりするように感じます。
 そんな時代において、ただ放任するのではなく、
 愛のある放任の考え方は素敵だと思いました。

 最後に、チームの一人ひとりの感想を書きます。

 ☆事業仕分けの蓮舫さんの姿は怖そうでしたが、インタビューをみて、
  様々なことを考えて、話しているのだなと思いました。
 ☆蓮舫さんのインタビューを見て働く女性について知ることができました。
 ☆将来こんな女性になれたらいいなあと思いました。

 >>蓮舫氏のインタビュー記事はコチラから↓
   http://www.13hw.com/interview/interview13/13_01.html

----------------------------------
●担当の小林先生にも、今回のプログラムの感想をいただきました。

「リアルの世界に通ずる作業(アクティビティ)だったので、生徒は楽しみつつ
も、緊張感をもって取り組んでくれました。
勢いとノリは大切ですが、それだけではない人に伝わる表現力をこれからも育ん
で欲しいです。」

●最後に、編集長松尾よりご挨拶です。

みなさん、今回のメールマガジンはいかがでしたか?

13歳のハローワーク公式サイト編集部としては、今までになく活気のある
メールマガジンになったと感じています。
参加された生徒のみなさんも、明るく、元気があり、授業もとても盛り
上がりました。

編集部としては、授業といえども「リアル感を出したい」と考えました。
そこで、メールマガジンをつくるだけではなく、実際に配信する。
ある程度の緊張感をもちつつ、楽しんで制作していくことを体験すると
いう狙いからです。

さて、その結果は・・・

生徒からの感想では、「大変」「実際に配信されるので緊張する」という
意見がある反面、「楽しい」「良い経験になった」「素敵な時間でした」
との意見をたくさん頂きました。
「たくさんの職業が知れた」「夢を持つ大切さが分かった」とも。

期待どおり、といいますか、期待以上の感想を頂きました。
大変うれしいですね。

  生徒たちの感想を、こちらに掲載しています。
  http://www.13hw.com/event/20100208/index.html

編集部としては反省点もあります。
出来上がったものを編集部としてリアルに評価し、完成度を上げていく
というところも体験してもらえると、もっと楽しく・大変になるのですが、
時間の壁があり、今回は断念。
担当の小林先生からも同じようなご指摘を受けました。
編集部の課題です。

現在、サイトでは、第2・第4土曜日にメールマガジンを配信しています。
第1・第3土曜日を今回の授業で作成したような特別号の配信にあてるように
しました。
不定期ですが、楽しみにしていてください。
今回は、編集部が出張して授業を行いましたが、メールマガジンをつくって
編集部に送ってもらう方法も試してみたいと考えています。
ご興味のある方は、編集部までメールにてお問合せください。
また、今回のメールマガジンに対するご意見・ご感想などもお待ちしています。

メールアドレス:info@13hw.com

最後に、田園調布雙葉中学校のみなさん、ありがとうございました。
とても貴重で、素敵な体験をさせていただきました。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
 ■発行/13歳のハローワーク公式サイト編集部(株式会社トップアスリート)
 ■13歳のハローワーク公式サイト/http://www.13hw.com/
 ■お問い合わせ/ E-mail:minna@13hw.com (13hw編集部)
 ■運営会社/株式会社トップアスリート
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

ページトップ

コメント

13hw編集部ブログ
新着記事
カテゴリ
バックナンバー