HOME > 13hw編集部ブログ > 記事

13hw編集部ブログ

FORUM:オススメ回答 ★オススメ回答★【なるほど!お仕事情報】国際監査(CIA)について(02.26)

2010年2月26日

こんにちは!13hw編集部 大学生インターンの渡邉です。

フィギュアスケート女子、浅田真央選手が銀メダル獲得!
おしかったですね。1位はやはり韓国代表のキム・ヨナ選手でしたね。
キム・ヨナ選手は歴代最高点を取って優勝したそうです。
大舞台で自分の最高のパフォーマンスを出せるのはとても凄い事ですよね!
浅田選手には今からですが4年後の五輪での優勝を期待したと思います。
また、安藤美姫選手は5位、鈴木明子選手が8位でした。

さて、今日は国際監査についての質問と
その回答をご紹介したいと思います。


国際監査(CIA)の資格について
http://minna.13hw.com/forum/viewthread/8304
「高度な専門知識と技能を持つこの資格の取得者が少ないのが現状だ。」
と、書いてありますが専門知識とはどんなことですか?
また、それはどういう風に学べばいいんですか?

gaさん/中学生)

これに対して

<前略>

さて、ご質問への回答ですが、日本でCIAが注目されはじめてきた背景のひとつに「金融商品取引法」という法律が制定されたことがあげられます。
「金融商品取引法」は簡単に言いますと、主に上場企業(もっと簡単に言うと、皆さんがテレビのCMで見かけるような大きな会社)を対象に
「会社が正しく会計処理を行っているかどうかを、自分たちでチェックして、報告書を発行してくださいね」
というルールを定めた法律です。
略して、日本版SOX法・J-SOX法と呼ばれています。

実はこのJ-SOX法は、アメリカをお手本として作られた法律です。
アメリカではSOX法と言われています。J-SOX法は「日本のSOX法」という意味なのです。
アメリカではこのSOX法に対応するべく、会社のチェックを行う内部監査の専門資格としてCIAが作られました。
日本でもCIAを取得できればJ-SOX法に対応できるだろう、ということで今、注目を集めているわけです。

これが背景ですが、ここからが肝心の「専門知識って何?」という回答になります。
J-SOX法を含め大企業の内部監査を行うには、まず

1.会計知識
2.経営の知識
3.法律知識
4.ITの知識

4つの大きな知識が必要です。
これは個々のひとつひとつだけでも、専門の職業があるくらい、高度な知識です。
内部監査を行うためには、ふか~く知る必要はありませんが、ひろ~く知っておかなければいけません。
1~4の知識をベースにして、
「この4つはどのような繋がりがあるの?」
「会社の仕事をどういうルールにしておけばOKで、どのような状態だとNGなの?」
ということを知っておかなければいけません。

この「繋がりを知る」というのが「高度な」と言われる理由かと思います。

次にどういう風に学ぶかですが、私はまず先に「コーポレート・ガバナンス」についてを学ぶことをお勧めします。(色々な本がありますよ)
コーポレート・ガバナンスは「企業統治」と訳します。
経営者が健全な経営をし、組織ぐるみで不正が起こらないような仕組みを作ることです。コーポレート・ガバナンスは「繋がりを知る」良い手がかりになります。

そこから
・会社の経営に必要な法律は何?
・会社の経営に必要な会計手続きは何?
・上場企業の経営を行うためのルールってどんなこと?
・会社で仕事をするために使われているITシステムって何かな?
という風に細かく調べていけば、理解が深まるのではないかな、と思います。

JuJu-Beeさん/インターネット関連、内部監査)

私は国際監査(CIA)という仕事は聞いた事はありましたが
具体的にどのような仕事かはいまいちわかりませんでした。
しかし、この回答を拝見させてもらい、少し理解できた気がします。
これからもさまざまな職業についての知識を増やし
将来のために活かせればと思います。

(大学生インターン/渡邊)

◆◇この質問・回答を全部見る。
http://minna.13hw.com/forum/viewthread/8304#
◆◇「もっと教えて!フォーラム」を見る。
http://minna.13hw.com/forum/index/
◆◇質問したい方は・・・ 初めて質問をする方は、「フォーラム参加登録」を行ってください。
https://minna.13hw.com/work_con/m/t/
◆◇回答するには・・・ 初めての方は「仕事白書」への登録を行ってください。
http://minna.13hw.com/work_con/b_.html

ページトップ

コメント

13hw編集部ブログ
新着記事
カテゴリ
バックナンバー