HOME > 13hw編集部ブログ > 記事

13hw編集部ブログ

コチラ13hw舞台ウラ ★編集部スタッフが綴る★ 角谷祐科:プレゼンテーション(11.22)

2010年11月22日

こんにちは!13hw編集部 大学生インターンの角谷祐科です。

大学の授業でプレゼンがあたってしまいました・・・。

===================================

プレゼンなんてやったことないんだけど!どうやるの?!

と騒いだら、きっと松尾氏や宇田川氏に「良い経験だ!頑張れ!」と
言われるような気がします。

準備に追われて寝不足・・・。

そのプレゼンは、フランス語のある記事(コラムみたいな感じ)を読んで
まとめて、わかりやすく説明して、少し例文を出して・・・っていう風に
やることはハッキリしているのですが・・・。

記事が難しい。
うーん、訳というか自分の解釈があっていれば良いのですが。

私のゼミの専攻は「フランス語言語学」

フランスではなくフランス語の歴史・なりたち・性や数・文法論などを学んでいく分野です。

このサイトにも外国語の言語学者というお仕事がありますよね。そのお仕事のフランス語版になります。
今、私がゼミで勉強している言語学を、大学院に行ったり、留学したりしてどんどん追及して研究している方々が「外国語の言語学者」ということになりますね。(説明が簡単すぎる?)

職業紹介にも書かれていますが、言語学はフランス語を使うための勉強ではないので
流暢に話せるようになる、ということはないです。
もちろん、研究論文とか資料をフランス語で読むので、読解力とか語彙は増えると思いますよ!

言語学は普段使う言葉をさまざまな視点から見て考え、
なおかつ言語の歴史なども学べるので、個人的には面白いと思っています。
日本語と比較して考えても良いですし。
まだまだ研究対象になるものはたくさんあるようです。

私は今、若者のメールなどの単語の省略などに興味を持っています。
例) beaucoup
メールで書くときは省略して bcp と表記されたりする。

卒論はまだ先ですが、いろいろなことに触れて、視野を広げていきたいです。

なんかゼミの話をしてしまいました。
プレゼンの準備、もっと情報を増やしていかないと・・・。
あー、頑張ろう。

ページトップ

コメント

13hw編集部ブログ
新着記事
カテゴリ
バックナンバー