HOME > 13hw編集部ブログ > 記事

13hw編集部ブログ

コチラ13hw舞台ウラ ★編集部スタッフが綴る from アメリカ★植田:アメリカでエジプトを考える(02.13)

2011年2月14日

こんにちは!13hw編集部 大学生インターンの植田です。

ニュースで毎日のように取り上げられていたエジプトで、
先日、遂にムバラク大統領が辞任しましたね。

==============================

およそ30年間エジプトで政権を握り続けたムバラク氏。
今回の失脚は大統領に対する市民の反発が高まった結果の出来事でした。
アメリカのテレビや新聞、ネット上でも、連日のようにエジプトのようすを取り上げていました。

私の大学にはひとり、エジプトから来た留学生がいます。
彼は連日のようにFacebookで、エジプトの今のようすを説明したり、
動画を貼り付けたりしていました。
私自身は今までエジプト情勢について関心を持つことは少なかったのですが、
こうして自分の身近にエジプトについて議論している人がいたこともあって
エジプト情勢についてのニュースをチェックするようになりました。

エジプト市民のデモが本格化した先月の終わりごろ、
留学生の彼に漠然と「エジプトは大丈夫なのか」と聞いたことがあります。
デモでは死者やけが人が出ており、日に日に激しさを増していると報道されていたこともあり、
エジプト市内に家族がいるという彼の話に少々不安を覚えたからです。

しかし、彼には笑顔で「エジプトは大丈夫だよ。市民の手でなんとかなる」と言われました。
このときはじめて私は遠いところで国を動かそうとしている人がいるんだ、
ということを身にしみて実感しました。
また、友人はエジプトから離れたアメリカにいるけれど、なんとかなるんだ、
と信じている姿を見ると、私のほうが励まされた気持ちになりました。

そんなこともあったので、ムバラク大統領が辞任を表明した日は大学で彼に会うなり、
ほかの友人とともにハイタッチしたりガッツポーズしたりしました。
口々に、「よかったね」「今夜はみんなでお祝いしなくちゃね」と言うと
友人は本当に嬉しそうな顔をしていました。

自分が行ったことのない見ず知らずの国でも世界に大きな影響を与えるような、
歴史に残るような出来事が起きているんだよ、と教えてくれた友人。
世界では自分の想像を超えるようなことが起きているのだなあ、と思った出来事でした。

ページトップ

コメント

13hw編集部ブログ
新着記事
カテゴリ
バックナンバー