HOME > 13hw編集部ブログ > 記事

13hw編集部ブログ

コチラ13hw舞台ウラ ★編集部スタッフが綴る from アメリカ★植田:日本人らしさ?(02.27)

2011年2月27日

こんにちは!13hw編集部 大学生インターンの植田です。

今回は私がアメリカで苦労したことのひとつをご紹介します。

=====================================

国で人をくくることがあまり好きではない私ですが、
アメリカに来てつくづく、自分は日本人なんだな、とか
こうゆうところが「日本人らしさ」か、と思うことがよくあります。

日本人らしさのひとつは、謙虚であること。悪くいえば押しが弱いことです。
日本は恥の文化とよくいわれて、傲慢な振る舞いや
うるさく何かを言うことは恥であると考えられていますね。
しかしアメリカでそうゆう態度をとると、痛い目にあうことがあります。

たとえば、大学でのグループワーク。
こちらの学生は本当に自分の意見をまっすぐに主張してきます。
多少こじつけ感のある意見であっても(笑)、「こうだ」と思ったことは堂々と述べるのです。

ここで「ああそうか」とその意見に同意をした場合でも、黙っていてはいけないのがアメリカ。
「ああそうか」と思った理由をはっきりと述べて、だから自分はあなたに同意見だ、
という主張を口にしなくてはいけません。
うんうん、と頷いているだけではダメ。何も考えていないと思われます。
また、その意見に反対する場合も、相手と真正面から向き合わないと、
(遠まわしに言ったりしても)全然意見を聞き入れてくれません。中には聞くフリさえしない人もいます。
恥ずかしがって何も言えなかったらそれまで…
自分がグループワークに参加していない状態で議論が進み、
いつのまにか一言も話さずに終わってしまうなんてこともあります。(私は経験あります…)

良かれと思ってした態度が、こうして裏目に出てしまうのはけっこうショックです。
「謙虚さ」は失いたくないですが、ここではその殻をやぶらなくてはいけないことがあります。
また、謙虚さと同じくらい「日本人らしさ」のひとつとして
アメリカ人につっこまれるのが「ジャパニーズスマイル」です。

アメリカ人に言わせると、日本人は本当にいつもニコニコしているらしいです。
他人の愚痴を聞かされても「うんうん」とニコニコ。
先生のつまらない(失礼!)長話を聞かされてもニコニコ。
友達に無理なお願いをされても「う、うん…いいよ」とニコニコ。
こちらとしては、すべて相手のことを思ってしていることなのですが、
アメリカ人から見るとなぜこうした態度をとるのか不思議で仕方がないようです。
イヤならイヤ、聞きたくないなら聞きたくない、そういった「相手に言ったら悪いかな」
と思うことも、「偽の笑顔」なんか作らずに正直にアピールするべき、
というのがアメリカの考えのようです。
一時期友人には、私が何かに笑うたびに
「それジャパニーズスマイル?」とからかわれました。笑

もちろん時と場合にもよって、日本人と似ていると思うこともあるのですが、
アメリカと日本ではこうした違いがはっきりとあります。
環境が変わると「とるべき」と考えられている態度もちがうのか、と。
面白い違いですよね。慣れるまでには少々大変ですが…。笑

ページトップ

コメント

One thought on “★編集部スタッフが綴る from アメリカ★植田:日本人らしさ?(02.27)

Comments are closed.

13hw編集部ブログ
新着記事
カテゴリ
バックナンバー