HOME > 13hw編集部ブログ > 記事

13hw編集部ブログ

お知らせ&新着 【お知らせ】「第7回 ワークショップ コレクション」 イベントレポート(03.09)

2011年3月9日

「集まれこどもたち!!」をキャッチフレーズに、全国から約80のワークショップが一堂に会した「第7回 ワークショップ コレクション」が、2月26日(土)・27日(日)の2日間、慶應大学日吉キャンパスで開催されました。

体験プログラムは、「造形」「絵画・イラスト」「サイエンス」「音楽」「身体表現」「ゲーム・クイズ」「映像」「環境・自然」「デジタル」の9つのカテゴリーからなり、多彩なワークショップが集合。参加者は、館内マップを片手に、気になるイベントをチェック。どこも面白そうな催し物を行っており、通路は長蛇の列で、待ち時間が1時間以上というものも多くみられました。

また、CANVASスペシャルワークショップとして、わくわくさんでおなじみ久保田雅人さんの「スペシャル工作ショー」やリリー・フランキーさんの「リリー・フランキーのイラスト講座」なども併催。どの講座も満員で、参加された方はとても満足な様子でした。

ちなみに、今回の来場者は、昨年過去最高だった3万5000人を大幅に上回る6万2000人という大盛況。リピーターも多く、年々、注目度がアップしています。

《ワークショップ コレクションとは》
NPO法人CANVASと慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科が主催するイベントで、年に1度開催される、こども向けワークショップの祭典です。こどもたちの創造力と表現力をシゲキする、とっておきの体験プログラムを集めています。

◎韓国の音楽パフォーマンス集団 noridan(ノリダン)のパフォーマンスとスペシャルワークショップ

今回、注目のイベントの一つが、noridanのパフォーマンス。noridanは、「遊びながら(nori)、仕事する(dan)」という意味だそうで、2004年に韓国で誕生した“企業”なのです。そこには、小学生から60代まで、さまざまな人達が集まり、音楽や教育、仕事の新たな可能性を探求。韓国をはじめ、日本、アメリカ、イギリスなど、世界を舞台に、毎年200公演以上、1000回以上のワークショップを行っています。

キャンパスの中庭で行われたスペシャルパフォーマンスでは、「くじらの夢」を披露。陸地に旅に出てきたクジラとその仲間たちの物語を、産業資材で作られた巨大な「クジラ楽器」や「さかな楽器」の軽快なリズムとパフォーマンスで、観客を魅了しました。

また、スペシャルワークショップでは、「noridanといっしょにエコざかなをつくろう!」を開催。リサイクル材料を活用して作った「エコざかな」は、持ち手をぐっと握ると明かりがつき、できあがったときの子どもたちの満足げな様子が印象的でした。

◎Yahoo!きっず iPhoneで学ぶネットのマナーABC

最近は、小学校低学年から携帯電話を所有したり、インターネットを使い始めたりする家庭も多くあります。そこで、「Yahoo!きっず」では、子どもたちに安全にインターネットを利用してもらうために、「Yahoo!きっず」の「ネットのマナーABC」をクイズ形式で紹介。
今話題のiPhoneを使いながら、「知らない人に自分の名前や住所などを教えないこと」「知らないサイトには注意すること」「相手を思いやること」などのルールを、親子で楽しく学びました。
ナビゲーター役で、小学校で話しをすることも多いというヤフー株式会社 本部企画部 箕輪さんの、「インターネットはとても便利なもの。危ないからといって使わせないのではなく、正しい使い方を教えることが大事」という言葉に、まず親が正しい認識を持ち、子どもに教えることが大切だということを改めて感じました。

◎「オリジナル朝日新聞」自分だけの朝日新聞づくりにチャレンジ!

朝日新聞のブースでは、新聞制作の体験プログラムが行われていました。まず、新聞記者経験者の担当の方が新聞づくりの基本を説明し、その後子どもたちは、30分という制限時間の中で思い思いに気になるところへ行き、“突撃取材”を敢行。取材を終えたら、今度は慶応大のボランティアスタッフに手伝ってもらいながら記事を執筆。そうして、自分の写真が入った世界に一つしかない「オリジナル朝日新聞」を完成させました。
制作した新聞は、記念に5部プレゼントされ、さらにアサヒ・コムにも掲載されるため、早速電話して、遠方にいるおじいちゃん、おばあちゃんにも見てもらった子もいるのでは。

●他にも、ワクワクするイベントが目白押し。

約80ものワークショップが集まっているので、見学するだけでも1日がかり。しかも、どこも長蛇の列なので、待つのに疲れたかもしれませんが、その分、自分の順番がきてやっと体験できたときは、嬉しかったのではないでしょうか?

↓ おちゃっぴのねんどきょうしつ ミニミニキャラ作りであそぼう
  (ねんどのおちゃっぴ)

↓ 体験!ライブアート ~音楽に合わせて絵を描こう!~
  (ライブアート・プロジェクト)

↓ 耳すまMAP ~伝えて聞いて広めようみんなのオススメMAP~
  (ミヤタゼミ(中京大学 宮田研究室))

↓ こうすれば犯罪から自分を守れる!体験して測ってみよう!子どもの安全力
  (子どもの安全教育総合研究所 宮田美恵子)

↓ ビスケットランド ~みんなで作る動く壁画~
  (NTTコミュニケーション科学基礎研究所 原田康徳)

↓ パソコンを自在に操る“デジタル・ヒーロー”になろう!
  (日本マイクロソフト株式会社)

最終日の27日(日)は、晴れで最高気温18度と陽気が心地よかったこともあり、閉会の時間いっぱいまで大勢の家族連れでにぎわっていました。
来年は、さらに多くの方々が訪れるビッグイベントになるのではないでしょうか。今からとても楽しみです。

「ワークショップコレクション」公式ホームページ  http://www.wsc.or.jp/
NPO法人CANVASホームページ http://www.canvas.ws/

ページトップ

コメント

13hw編集部ブログ
新着記事
カテゴリ
バックナンバー