HOME > 13hw編集部ブログ > 記事

13hw編集部ブログ

コチラ13hw舞台ウラ ★編集部スタッフが綴る★渡邊:美容院でのひとこま(09.14)

2011年9月14日

こんにちは!13hw編集部 大学生インターンの渡邊です。

先日、髪を切ってきました♪
心機一転頑張るぞって気持ちです。笑

================================

髪を切ってもらう時、美容師さんとお話しますよね。
今回は、そのときのひとこまをご紹介します!笑

なんでも、その美容師さんは、22歳くらいから5年くらいアメリカで働いていたそうです。
22歳って言ったら、今の私と同い年。
率直にすごいなーなんて思いながら、その方の話を聞いていました。

今すぐ海外で働きたい、そんなこと少しも考えたことがありませんでした。
でも、それって自分の可能性を小さくしていることと同じなのでしょうか?

例えば、甲子園出場を目標に野球をしている高校生。
甲子園の優勝を目標にしている高校生。
甲子園の先のプロ野球選手を目標にしている高校生。
はじめからメジャーを目指して野球をしている高校生。

目標の設定の仕方によって5年後、10年後の人生って変わるのでしょうか?
…変わりそうですよね?笑
私は変わるんじゃないかなーって思っています。

自分の可能性を引き上げるには、大きすぎるくらいの目標がちょうどいいと私は考えます。
「甲子園出場を目指すのと、優勝を目指すのでは
50点を目指すのと100点を目指すのくらい違うもんなー」
私の好きなアニメのフレーズです。

まさにその通りだと思いました。
甲子園出場を目標にしていたら、階段を一歩でも踏み外したら甲子園には行けません。
でも甲子園優勝を目標にしたら、階段を二、三歩踏み外しても甲子園には行けます。

これって自分の可能性を引き上げているって事にならないでしょうか?

小学生や中学生のうちから「どうせ自分はできない」
なんて、口が裂けても言ってはいけない!
大きな夢を持って、それに向かって全力で頑張ってもらいたいです!

なんて、美容師さんと話して思いました。
また、その方は銀行強盗を3回も目撃しているそうです!
しかし、3回も目撃していると慣れてしまうそう。笑

そう言われてみれば、私も上京してきた頃は
10分待てば電車が来ることをすごく便利だと思っていたのに
今はそれが当たり前。
福島にいた頃は1時間に1本の電車だったのに…笑

ページトップ

コメント

13hw編集部ブログ
新着記事
カテゴリ
バックナンバー