HOME > 13hw編集部ブログ > 記事

13hw編集部ブログ

お知らせ&新着 【イベントレポート】:「マイナビ進学フェスタ」in仙台レポート!(07.11)

2012年7月12日

こんにちは!編集スタッフのうだです。

2012年7月6日(金)に仙台で行われた高校生が進路や将来について考えるイベント
マイナビ進学フェスタ」(仙台会場/主催:株式会社マイナビ)に、13歳のハローワーク公式サイトのスタッフとして、参加させていただきました!

高校生と大学スタッフ、大学生、働く社会人が交流する意義のあるイベントの様子を、報告させていただきます。

===================================

「マイナビ進学フェスタ」の仙台会場は、仙台駅からスグのアエル5F多目的ホール。

会場では、大学教授による講演や大学スタッフや大学生による相談コーナーが開かれました。

参加した高校生は、約500人。
保護者や教員の方々も足を運んでいました。

地元宮城や東北の大学の学びから施設など何でも聴ける大学ブースでは、高校生が集まって盛況でした。

自分の興味のある大学のブースに積極的に話を聴きに行く姿勢が数多く見られ、想像していたシャイな感じとはまた違う高校生の行動力に感動しました。

また、適学・適職診断コーナーで、インターネット検索を使い、自分の興味につながる大学を会場で調べ、その場で生の声を聞く高校生もいました。

今回のイベントの大きな特徴は、企業や社会人が高校生のために参加し、高校生が直接働く社会人の話を聴き、質問できる交流の場を設けたことです。

社会見学コーナーでは、地元企業のスタッフが、自分たちの会社の事業や社会的な役割などを丁寧に解説。高校生は、真剣に耳を傾けていました。

そして、フリートークコーナーには、13歳のハローワーク公式サイトから社会人協力スタッフ5名が参加!

宮城テレビ放送ディレクター(記者)、仙台三越新規事業企画担当者、弁護士、編集・ライター、アートディレクターなど多種多様の方々がイベント主旨に賛同いただきご参加くださいました。

年の離れた働く大人に下調べも無く、突然話を聴くという企画に高校生は、どう反応したでしょう・・・?

すぐ先の進路の話には積極的な高校生も、さすがに最初は消極的な生徒さんが多かったです。

でも、「別にその仕事を目指していなくても、立ち寄っていいんだよ。」
「普段、気になることを何でも聴いてみては?」と促すと、小さな勇気を出してコミュニケーションを初めていました。

社会人の方々の心配りやお人柄のおかげで、しだいにフリートークコーナーの場の空気も和やかに・・・。

中でも、有難かったのが皆さんのその場の対応力や傾聴する姿勢です。

高校生には、まだ将来の目標やイメージが定まっていない人がたくさんいます。
仕事の種類や中味も知りません。(僕もそうでした。)

なので、何を聞いていいかもわからない生徒も多いです。

そんな高校生に、優しく語りかけ、あだやかに耳を傾け、得意な教科や部活や興味のある分野などを聴き、アドバイスや共感の言葉をかけ、さらに相手の様子に応じて、ご自身の仕事についても、語ってくださっていました。

時には、仕事の話の手前の相談話で終わっていたこともあったかもしれません。
時には、高校生の恋愛話まで引き出していたり・・・。
(プロのヒアリング力・取材力を高校生はそこで体感しているんです。わかるかな~・・・)

社会人と交流した高校生の感想をほんの一部ご紹介します。

●疑問が解決してよかった
●とても話しやすくてよかった
●この職業に就きたいと思った

社会人スタッフの皆さんも、この機会をポジティヴに感じてくださっていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
継続的に、自分や社会やキャリアについて考える授業やプログラムもこれから有効かと思います。

同時に、こういった非日常的なイベント空間で、初対面の働く大人と膝を突き合わせて語り合うという一期一会の出会いも、高校生にとっていい機会・体験になっている・・・と感じました。

マイナビ進学フェスタは、全国6箇所で開催されています。

7月13日には、横浜で開催!

http://shingaku.mynavi.jp/cnt/etc/festa/yokohama.html

高校生の皆さん、是非会場に足を運んでみてください!

                              (13歳のハローワーク公式サイト/うだ)

ページトップ

コメント

13hw編集部ブログ
新着記事
カテゴリ
バックナンバー