HOME > 13hw編集部ブログ > 記事

13hw編集部ブログ

FORUM:オススメ回答 ★オススメ回答★【こんなときどうする?】中学校の国語の先生になりたいです!(2017.08.31)))

2017年8月31日

こんにちは!13hw編集部インターンの半田です。

 

みなさんは、寝ている時に怖い夢や変な夢を見ることはありますか?

私は最近、どうにも夢見が悪く、寝起きがスッキリしません。

気になったので見た夢について検索してみたところ、

ストレス・イライラ・事故・人間関係など・・・

不安を解消させてくれるような言葉が一切ありませんでした!

特に今そこまで困っていたり、ストレスを抱えているわけでもないので、

気にせず過ごしたいと思います!(笑)

みなさんも、見た夢を覚えていた時には、良かったら調べてみてくださいね!

 

さて今回は、「中学校の国語の先生になりたいです!」

という投稿と、その回答についてご紹介します!

■中学校の国語の先生になりたいです!!

http://minna.13hw.com/forum/viewthread/12736/

[Q] 私は、最近中学校の先生になりたいと思うようになりました。
理由は、今入っている部活の先生がすごくおもしろくて、優しくて、解ってくれて、「こういう人になりたいな」と、思ったからです。更に、今、私が通っている学校に好きな先生がいて、その先生と一緒に働きたいからです。(自分でも、甘い考えだと思ってます)
憧れている先生は、数学の先生なのですが、私は数学がとても苦手なので、得意な国語の先生になりたいと思いました。

そこで、中学校の国語の先生になるには、どのような高校に行き、どのような大学に行けばいいのでしょうか。(できれば茨城県の)
また、中学校の国語の先生のやりがいや、苦労、できなければいけないことを教えてください!
ちなみに今の私の成績は、学年で真ん中くらいです。

きゃんでぃーさん[中学生・女]

 

この質問に対して

 

こんにちは、きゃんでぃーさん。
私は、高校の国語教師をしていますが、中学校教員の免許も持っていますのでお答えします。
まずは、憧れというのは自分を動かす原動力になりますので、その気持ちが強いうちに、まずは勉強することです! ご存知だとは思いますが、教員になるには三つのハードルがあります。①教員免許が取得可能な大学へ進学すること ②大学で教員面鏡取得に必要な講義を受講し、単位を取得すること ③希望する都道府県が実施する教員採用試験に合格すること の三つです。
それを見越して高校を選択してください。まずは、国語(文学・国語学)が学べる大学を探します。複数見つけておくことがお奨めです。茨城であれば茨城大学が教員養成大学として有名です。そして、今度は地域の高校の進路実績を調べてみましょう。たいていの高校ではホームページに進路実績のページがあります。(○○大学○名合格など)自分が目指す大学に合格者を出している高校を選択するのが一番安全な進路選択だと思います。ただし、自分が本気だったらどの高校からでも大学受験は可能です。高校進学後はできるだけ早く高校の先生に進路相談してみましょう。

ところで、きゃんでぃーさんは数学がとても苦手と言うことでしたが、国語教師を目指すからと言って、数学の勉強を避けないようにしてください。なぜなら、国公立大学(茨城大学も)であれば数学の試験も課されるからです。また、教員採用試験でも一般教養として数学の問題が出題される可能性はとても高いのです。

中学校の先生は、とても大変な仕事です。授業だけでなく、部活動や進路相談など生徒のためにあらゆる知識や経験が求められるからです。でも、やりがいはとてつもなく大きいです。実は、私も中学校の数学の先生の影響を受けて国語教師になりました(笑)。その先生は真剣に生徒たちにぶつかってくる熱い先生でした。その先生が教えてくれたことをきゃんでぃーさんにお伝えします。それは「たくさんの本を読むこと」です。

ジャンルを問わず、いろんな本にチャレンジしてください。それが、教員になった後も物凄く役に立つことになると思います。頑張ってください。

umetsuyoさん[高校教師]

 

私も中学1年生の頃、数学の先生の授業が面白く、分かりやすくて

「私もこんな先生になりたい!」と数学教師に憧れていました。

しかし、2年生になってから数学が難しく感じ、教師の夢は諦めてしまいました。

今はリハビリの仕事に就きたいと思い、

日々の授業に必死に食らいついています。(笑)

どんな仕事に就くためにも勉強することは欠かせません。

得意、不得意はありますが、

得意を伸ばし苦手を克服していくと、夢へ一歩近づくと思います!

きゃんでぃーさんの夢が実現できるように応援しています!

(インターン/半田)

ページトップ

コメント

13hw編集部ブログ
新着記事
カテゴリ
バックナンバー