庭師

<< 書籍「13歳のハローワーク」の職業解説 >>

庭に関するいろいろな知識を持ち、その地域の気候や土壌、風土にあった庭づくりをし、その後の樹木の手入れなど維持管理をする。とくに個人宅の和風の庭を手がけることが多い。庭師になるために特別な資格や学歴は必要なく、実務を通じて、技術や知識、伝統的な手法などを体得していく(もちろん大学や専門学校で造園を学んでいると、就職にはより有利だ)。造園会社に就職したり、個人の庭師に弟子入りすることが多い。高い木に登ったり、セメントを練ったり、大きな石を動かしたりと、力仕事が多いので体力が必要。また扱うのは客の大切な庭なので、相手の意見を聞いたり、アドバイスをしたりと、細かな心配りとコミュニケーションが求められる。庭師に関連する国家資格には造園技能士(1、2、3級)がある。

<< 編集部の職業解説 >>

個人の庭など小さいものから、都市公園・緑地公園などの大きいものまで、野外空間を快適でゆとりあるものに創りあげるスペシャリストが庭師だ。植物を扱う仕事のため、植物の特性を理解する必要があるのはもちろんのこと、大規模な案件になると、土木工学や施工管理法等の知識も必要とされ、環境保全や緑化対策等についても考慮する必要がある。具体的には、花壇をつくるだけのものもあれば、自然を再現するために、池や小川をつくり、魚や昆虫などが生息できるようにするものもある。造園の資格には「造園技能士」と「造園施工管理技士」があり、それぞれ受験するためには実務経験が必要。

初任給は会社の規模によって異なるが、20万前後と平均的。

「庭師」に近づくために、自宅で手軽に始める方法も・・・

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!