ハンドラー

<< 書籍「13歳のハローワーク」の職業解説 >>

ドッグショーをカーレース、犬をレーシングカーにたとえるなら、整備とドライバーを兼ねた存在がハンドラーだ。ドッグショーに向けて犬を最高の状態に整え、ショーでは、犬がその犬種の理想の形に見えるように配慮してリードを引く。そのため、犬の健康管理やトリミングなど、総合的な知識と技術が必要とされる。ドッグショーは誰でも参加できるため、特別な資格は必要ない。専門学校に行く、ハンドラーに弟子入りするなどして技術を学ぶこともできるが、趣味で自分の犬をハンドリングしているところを見込まれ、他人の犬を頼まれるようになることもある。現在、ハンドラーを専業にしている人は日本で100人ほど。得意とする犬種をある程度しぼったほうがよいという。口コミで仕事が広がっていく世界なので、自分を売り込んでいく積極性が必要だ。

「ハンドラー」に近づくために、自宅で手軽に始める方法も・・・

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!