厩務員(きゅうむいん)

<< 書籍「13歳のハローワーク」の職業解説 >>

競馬調教師の指示を受け、通常ひとりあたり2頭の競走馬の日常全般の世話をする。馬がレースに出るときは一緒に輸送車で出張もする。昔はなりたいと思えばなれる職業であったが、今は志望者も多く、JRA(日本中央競馬会)の厩務員になる場合はJRA競馬学校の厩務員課程を卒業しなくてはならない。NRA(地方競馬)の厩務員になる場合はとくに資格は必要ないが、ある程度の牧場生活経験などは欠かせない。小さなころから馬の世話をしてきた人、騎乗経験のある人など、馬に深い愛情を持っていなくては仕事を続けることはできない。調教師同様、自分の担当馬が勝てば臨時収入が入る。

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!