ハブ捕り職人

<< 書籍「13歳のハローワーク」の職業解説 >>

沖縄や小笠原諸島、奄美大島などに生息する猛毒のハブを捕り、ハブ加工品会社や観光施設、展示施設などに販売する。仕事をするのは夜間で、車や徒歩でハブを探し、捕獲棒でつかまえる。冬や真夏にはハブの活動は活発でなくなるものの、年間を通して捕獲できる。しかし、現在、専業のハブ捕り職人はほとんどいない。近ごろではハブの数も減り、なかなか捕れなくなっているからだ。また、ハブ対マングースの観光ショーが動物愛護団体のクレームにより中止されたため、ハブの需要が激減。ハブの値段もぐっと下がってしまった。現在では普通サイズのハブで、1匹5000円前後といわれている。ハブに噛まれる事故は今でもよく起こっているので、どんなときにも油断しない、用心深さが必要とされるリスキーな仕事だ。

「ハブ捕り職人」に近づくために、自宅で手軽に始める方法も・・・

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!