クワガタ養殖

<< 書籍「13歳のハローワーク」の職業解説 >>

クワガタ養殖昆虫には熱心な愛好家が存在し、なかでもオオクワガタは「黒いダイア」と呼ばれるなど人気が高い。大きさはもちろんのこと、産地によっても価格は変動し、過去には数百万円で取引された例もある。そのため、趣味の延長からクワガタの養殖を行う人もおり、良質のオスとメスからいかに大きなクワガタを生み出すかを競っている。しかし、その歴史は浅く、市場も小さく、飼育技術の向上などにより価格の下落が激しいこともあり、職業として成立させている人はごく少数で、多くは別の仕事を兼ねている。飼育の手間やコストを考慮すると、よほど昆虫に対して情熱を燃やせる人でなければできない仕事だ。だが、三度のメシよりクワガタが好き、という人にとってはこれほど魅力的な仕事はないだろう。

13hwに登録されている「仕事白書」から「クワガタ養殖」に関連する白書をPICK UP!

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!