昆虫採集・飼育用品の製作販売

<< 書籍「13歳のハローワーク」の職業解説 >>

捕虫網や飼育ケース、エサなどを専門に製作する会社は全国に数社ある。ほとんどが大量生産用の工場を持っていて、製品をペットショップやホームセンターにおろしている。直接、昆虫と接する機会は少ないが、商品開発部などに配属されればつねに昆虫と関わることになるだろう。また、昆虫関連用品の専門店は、全国でも5、6店と少ない。たとえば、本格的な捕虫網なら東京にある老舗店が製造から販売まで独占しているといったような、非常に小さな市場である。職人芸の入り込む余地の少ない業界だが、用品製作の専門職として成り立っているのが標本箱作り職人だ。これも桐箪笥職人などが発注を受けて製作する場合が多いが、岡山などには標本箱のみを作る職人集団がある。また、標本自体を作る職人もいるようだ。標本を扱うショップや博物館など、仕事の需要は意外と多いのだが、現在、担い手が激減している。

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!