火山学者

<< 書籍「13歳のハローワーク」の職業解説 >>

噴火は、その規模や形などが、火山によって違う。それがどのような種類のものなのか、火山学者でも推測はむずかしい。火山学の基礎は実際の噴火の現場で観測することである。噴火に接する機会は非常に少ないため、生命の危険があることがわかっていても、噴火があれば、リスクを承知で、対象となる火山に向かう。火山学者にとっては、噴火は研究を活かす最大の機会なのである。大学で地質学を学ぶが、気象学など周辺の学問も重要となる。地滑りや水蒸気など、噴火に伴う現象を専門に研究する人もいる。火山学者の観測と予知によって、多くの人命が救われたケースもあるが、危険な観測で命を落とした人もいる。

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!