占星術師

<< 書籍「13歳のハローワーク」の職業解説 >>

太陽、月、また太陽系にある9個の惑星の位置を調べ、客の運勢などを読み取る。西洋占星術、インド占星術、東洋占星術などさまざまな流派がある。自分の事務所を持っている人や、街角・デパートのフロアなどで占う人、最近では電話やインターネットを利用しての占いも増えてきているなど、働き方はさまざま。雑誌やテレビなどマスコミに登場する有名占星術師もいる。占星術師になるためには、まず自分の専門にしたい占星術を決め独学で勉強するか、占いの教室や講座に通ったり、気に入った先生に弟子入りするほか、海外の通信教育やコースを利用するなどの方法がある。日本語で書かれた文献はまだまだ少なく、特に西洋占星術の場合は本格的な文献は英語で書かれたものがほとんどで、英語を理解できることが必要。また、いうまでもないが、天文学の知識は不可欠である。

「占星術師」に近づくために、自宅で手軽に始める方法も・・・

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!