クラシック演奏家

<< 書籍「13歳のハローワーク」の職業解説 >>

クラシック音楽のソリストで、独奏曲や協奏曲などの作品を、コンサートでソロで演奏したり、スタジオで録音したりする。代表的なのは、ピアノとバイオリン、チェロ、それにフルートやクラリネット、オーボエなど。ほかの弦楽器や管楽器、打楽器などは独奏曲や協奏曲の作品が少ないので、ソリストとなるのはむずかしい。小さいときから基礎を学び、音楽大学などで専門教育を受ける。海外で訓練や経験を重ねる場合も多い。ソリストとして認められるのは非常にむずかしい。コンクールなどで賞を取ったり、有名なオーケストラと共演を重ねたりして、名声と地位を確立する必要がある。

「クラシック演奏家」に近づくために、自宅で手軽に始める方法も・・・

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!