楽譜出版社で働く

<< 書籍「13歳のハローワーク」の職業解説 >>

どのような楽譜を出版するのかについて企画を立て、曲に著作権がついている場合には手続きをし、楽譜の編集作業を行う。また、販売を行う営業担当者もいる。編集の場合、著作権法についての専門的な知識は、入社後に身につければよい。基本的に必要なのは、譜面を読む力だ。とくにクラシックを専門に扱っている出版社の場合、楽典についての歴史的知識も求められるため、音楽大学を卒業しているとよい。ポップスや歌謡曲の場合は、そこまでの知識を必要としないが、音楽が好きで楽器の演奏経験があるほうが望ましい。最近は無断で楽譜をコピーしたり、コードなどをホームページ上からダウンロードする場合も多く、楽譜の発行部数は伸び悩んでいる。

「楽譜出版社で働く」に近づくために、自宅で手軽に始める方法も・・・

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!