レコーディングディレクター

<< 書籍「13歳のハローワーク」の職業解説 >>

楽曲の選定から、編曲家や参加ミュージシャンの選定など、録音する音楽コンテンツに関する方向性を決める。楽譜やスコアを読めて、各楽器の特質を把握できるなど、音楽的な専門知識はもちろん必要だが、歌手やミュージシャンとの信頼を築くコミュニケーションスキルを持ち、より多くの良質な音楽を聞いていないとできない仕事である。音楽大学や専門学校などで教育を受け、学生のころから音楽業界でアルバイトなどをして、自分の能力をアピールし、人的ネットワークを作るのも重要。レコード会社や原盤制作会社などに所属するのが一般的だが、優秀なフリーのディレクターも多い。ディレクターを養成する専門学校もあるが、プロデューサーと同じで、学校を出たからといってディレクターになれるとは限らない。

新人時代で年収300万円、ディレクターになれば800万円前後にアップします。労働条件は概して厳しく、レコーディングのある日は昼過ぎに出社して夕方にスタジオ入り、そして朝方に帰宅という日々が続くことも。レコーディングのない日も会議や打ち合わせが重なり、手の空いた時間はデモテープを聴いたり、新人発掘のためライブに顔を出したりと多忙です。

「レコーディングディレクター」に近づくために、自宅で手軽に始める方法も・・・

音楽系の専門学校や大学などを卒業したのち、レコード会社や原盤制作会社に就職するのが一般的。ただし、レコード業界は就職希望者が多く採用試験は難関です。入社後もすぐにディレクターとして働けるわけではなく、営業や販売などの一般業務やアシスタントディレクターなどを経たうえで、適性を見極められることになります。近年はフリーのディレクターや、芸能プロダクション、音楽出版社所属のディレクターも増えています。

日本レコード協会に加盟するレコード会社から2007年に新譜として発売された邦盤CDは、シングル・アルバムを合わせて10000タイトル以上(※1)。1人のディレクターが数人のアーティストを担当するなど、関わり方は会社により異なりますが、基本的にはこれら1タイトルごとにレコーディングディレクターやエンジニアなど大勢のスタッフが関わっています。

※1 日本レコード協会ホームページより

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!