コンサートプロデューサー

<< 書籍「13歳のハローワーク」の職業解説 >>

歌手やミュージシャン、オーケストラなどの、ライブコンサート全体を管理し、準備から終了までのすべての責任を負う。コンサートの規模、内容、時期、場所などを考え、予算を出し、概要を決めることから始めて、舞台監督を選び、監督とともに音響、照明の業者・スタッフを決めて、コンサート実施に向けて準備を進める。コンサート制作会社に下働きのアルバイトとして入り、経験を積み上げ、才能が認められてプロデューサーになるというケースがもっとも多い。専門学校にもカリキュラムがあるが、コンサートプロデューサーになるためには、音楽の知識のほかに、何よりも、並はずれたコミュニケーションスキルと交渉力が不可欠である。海外のアーティストを扱う場合は語学も必要となる。

◆コンサートの仕掛け人であるステージプロデューサーの収入は、コンサートの規模に応じてピンからキリまで。ある程度、自分の「商品価値」を自分で決めることができる仕事だ。(※1)
◆プロモーター、イベンターの収入は、アルバイトの場合の時給は比較的低く、社員になってからも決して高い給料をもらえる世界ではない。入社したてのひとり暮らしはかなりきついだろう。(※1)

※1『好きな仕事実現シリーズ 音楽の仕事』学習研究社よりp48、44

音楽・芸能系の専門学校などでイベントビジネスについて学ぶことはできますが、どちらかというと知識より経験が重視される仕事。コンサートプロモート会社やイベント・コンサート制作会社に就職し、一から経験を積んでいきます。ただし、採用数は多いとはいえず、アルバイトとして下働きをするうち認められるケースが少なくないよう。もっとも、最初からプロデューサーの立場になれるわけもなく、会場運営やチケット販売、営業などさまざまな仕事をこなしていく中で実力をつけていきます。

会場を押さえチケットを発売し宣伝活動や会場運営を行うなど、コンサートの企画・制作を行う会社(人)がコンサートプロモーターあるいはイベンターです。同様の意味で使われることもありますが、費用を自社で負担して興行を行うのがプロモーター。一方、アーティスト事務所などからお金をもらってコンサートの運営を請け負うのがイベンターです。海外アーティストの公演などは、プロモーターが自ら企画しリスクを抱えて興行を行いますが、邦楽アーティストのコンサートの場合はほとんど後者のケースです。(※1)

※1『好きな仕事実現シリーズ 音楽の仕事』学習研究社よりp44

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!