美術デザイナー

<< 書籍「13歳のハローワーク」の職業解説 >>

コンサート内容に合わせて、舞台監督と相談しながら、ステージセットのデザインをする。ライブコンサートに限らず、オペラ、演劇、ファッションショー、レビュー(※1)、テーマパークのイベント、見本市などの会場デザインなど、カバーする仕事の範囲は広い。会場設営会社、舞台美術関係会社に所属する人と、フリーがいる。美術およびデザインに関する基礎知識、照明効果に関する知識、コミュニケーションスキルに加えて、コンピュータで3D(3次元)のデザイン図を描けると有利である。大学や専門学校で、美術やデザインを勉強し、関係会社にアルバイトで入って、プロを目指すのが一般的。

※1 編集部注:レヴュー、大衆娯楽演芸のこと。

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!