漫画家

<< 書籍「13歳のハローワーク」の職業解説 >>

漫画家マンガには、少年マンガ、青年マンガ、少女マンガ、20代以上の女性向けのコミック誌といった主要なもののほかにも、さまざまなジャンルがある。売れっ子漫画家は、雑誌もしくは出版社と契約を結び専属料をもらう、他社の編集者から声をかけられて、さまざまな雑誌で複数の連載を持つなどの可能性が与えられている。ただしそこまで到達することは、もちろん滅多にないことだ。漫画家としてデビューをするには、各雑誌が設けている、新人賞を受賞しなくてはいけない。編集部へ原稿を持ち込む、漫画家のアシスタントになるという方法でも、実力によっては編集者が担当につくが、それは新人賞を取る指導をしてもらう、ということ。以前は連載している漫画家の原稿が入らなかったときに、編集部にある持ち込み原稿を掲載し、デビューさせるということもあったが、現在はそういったことはほとんどない。新人賞を受賞することが、漫画家になる唯一の第一歩と考えたほうがいい。

少年マンガ、青年マンガなど男性向けのコミック誌では、新人賞への応募数が非常に多いため、応募者のなかから才能を感じる人を、編集者が探して育てるということは、ほとんど不可能。成功している漫画家の大半が、16~20歳くらいの間にプロを真剣に目指しているということもあり、25歳を過ぎてもデビューできなければ、限界と考えられる場合もある。少女マンガの場合は、漫画家を育成しようという傾向が強い。多くの雑誌が、毎月ランクに分かれている賞を設けていて、低いレベルの受賞者であっても、編集者に育ててもらえる可能性がある。また、マンガスクールといった研修などもある。いきなり賞を受賞してデビューする人より、何年も編集者に指導を受け、何度も投稿したすえにデビューを果たす人のほうが多いそうだ。もちろん、デビューをしてからの道のりも、決してなだらかなものではない。デビューはしたが、描く場所や題材を見つけられず、投稿からやり直すといった人もいる。少年マンガの場合では、読者アンケートの結果が重視され、読者に人気がなければ、早急に連載を打ち切られることもある。好きな雑誌で自分の好きなマンガを描くことが、漫画家として成功したといえる状態だが、それには絵や物語の技術のみならず、読者の傾向や自分のマンガを客観的に分析・理解していることも必要である。

<< 編集部の職業解説 >>

漫画を書くのが仕事。漫画雑誌などの出版物において、個性あふれるタッチの絵と、ストーリーやキャラクターで、独自の世界を展開していく。今では、漫画は代表的な日本文化とも言われており、様々なジャンルが存在し、それぞれ多くの漫画家が活躍している。また、大きな収益が認められる出版物として、あるいはテレビアニメなどとのメディアミックス事業の主役として、多くのメディアが力を入れており、漫画家として成功すれば長者番付級の高収入を得ることも夢ではない。ただし、デビューするための競争は激しく、デビューしても読者に人気がなければ、早々に連載が打ち切られてしまうこともある厳しい世界だ。またひとたび売れれば相当なハードスケジュールでの漫画作成を要求されるので、それに耐えられるだけの精神力や体力も必要。

現在活動中の漫画家の正確な人数は不明ですが、日本を代表する78の出版社が発行している主要なコミック誌だけで約90種類あり(※1)、仮に1冊20数本の漫画が連載されているとすれば、単純計算で2000人の漫画家が第一線で活躍しているといえます。

※1日本雑誌協会ホームページより

単行本を初版で10万部、最終的に100万部を超すようなヒットマンガ家ともなると、原稿料と印税に、キャラクター使用料なども加わり、たまりにたまった年収は10億円以上なんていう世界。一方、漫画家のアシスタントなどは、修業という名目で月給10万円以下なんてことも。ようやくデビューできても原稿料が1枚3000~4000円程度とすると、20ページ描いても6~8万円というところです。(※1)

※1『これが年収だ!!』長崎出版よりp132

「漫画家」に近づくために、自宅で手軽に始める方法も・・・

13hwに登録されている「仕事白書」から「漫画家」に関連する白書をPICK UP!

漫画家になるためには、出版社・各誌が主催する漫画賞の新人賞を目指すこと。また、出版社への持ち込みや、漫画家のアシスタントになるという方法もあります。近年は、コミックマーケットにおける同人作品から注目されてデビューする場合もあるとか。デビューのしやすさという点では、ゲーム誌など、漫画誌ではないけれど漫画を募集している雑誌を狙う、という意外な手もあるようです。(※1)

※1『人間関係がニガテでもうまくいく天職ガイド』廣済堂出版よりp149

「漫画家」に関連する本・DVDなど。

書籍「漫画家誕生 169人の漫画道」(中野渡淳一著/新潮社/2006年)
書籍「ぼくはマンガ家」(手塚治虫著/角川書店/2000年)
書籍「マンガの道―私はなぜマンガ家になったのか」(ロッキング・オン/2005年)
漫画「吼えろペン 1 (1)」(島本和彦著/小学館/2001年)

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!