エディトリアルデザイナー

<< 書籍「13歳のハローワーク」の職業解説 >>

表紙、目次、本文、グラビア写真といった、雑誌や書籍のレイアウトを行う。専門学校や美術大学でデザインについて学んだ後にデザイン事務所で働くことが多いが、必ずしもそういうケースばかりではない。また、実務経験を積んだ後に独立をする人も多い。雑誌、書籍の内容を正確に解釈し、どのように本という体裁に仕上げるかが腕の見せ所となる。デザイナーは人気商売でもあり、デザインができるだけでなく、クライアントとのコミュニケーション能力や一般常識などの総合的な能力が必要とされる。技術はもちろんのこと、感性を磨き続けることが重要であり、ふだんから自分なりの美意識を持って映画や本などに接することが大切である。

<< 編集部の職業解説 >>

編集者やアートディレクターの指示を受けて、書籍、雑誌、新聞、マンガ、フリーペーパー、カタログ、パンフレット、各種マニュアルなどの印刷物の紙面を、デザイン的に美しくかつ読みやすくレイアウトするのがエディトリアルデザイナーの仕事。文章、ページのタイトル、小見出し、写真、イラスト、CG、説明図、表、グラフなどの要素を、デザイン的に美しいかどうかだけでなく、読者にとって読みやすいか、必要な情報が効果的に読み取れるか、といったことにも配慮しながらレイアウトしていく。デザイン能力だけでなく、出版物に関する広い知識や、印刷・製版関連の知識も必要である。最近では作業のほとんどをパソコン上のDTP関連ソフトウェアを用いて行うので、パソコンのスキルも必須だ。

◆デザイン会社などのアシスタントで月給15万円前後。(※1)
◆出版業界で働くデザイナーの年収は200~1000万円以上。(※2)

※1『天職事典ver.2』造事務所著、PHP研究所出版よりp42
※2『マスコミ解体新書』角川書店よりp145

「エディトリアルデザイナー」に近づくために、自宅で手軽に始める方法も・・・

美術系の大学や短大、専門学校などでデザインについて学び、卒業後、出版社や編集プロダクション、デザイン会社などに就職するのが一般的。この仕事をするうえで必須となる資格はありませんが、デザイン作業はほぼ100%パソコンを使って行われるため、パソコンスキルは欠かせません。経験を積んだ後に独立して事務所を構えたり、フリーランスで活動するデザイナーも大勢います。

13hwに登録されている「仕事白書」から「エディトリアルデザイナー」に関連する白書をPICK UP!

書籍や雑誌の中身をデザインするのがエディトリアルデザインなら、書籍のカバーや表紙などの外側をデザインする仕事をブックデザイン(装丁)といいます。エディトリアルデザイナーもブックデザイナーも、必ずしもその仕事だけに専念するわけではなく、依頼に応じて、ポスターやチラシなどの広告類のほか、商品パッケージ、ロゴマーク、ポストカードなど、多様なデザインを手掛けます。こうした平面のデザインを総称してグラフィックデザインといいます。

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!