制作助手

<< 書籍「13歳のハローワーク」の職業解説 >>

制作担当の下で、助手として働く。現場で飲み物を用意したり、弁当を調達したり、雨のシーンではゴム長やカッパを配ったり、ありとあらゆる下働きをする。疲れて苛立ったスタッフから罵声を浴びたり、眠るヒマもないほどこき使われることが多いが、そういった現場での下働きの経験が、将来的に制作担当やプロデューサーになったときに、役立つことになる。映画関係の専門学校を出た人もいるが、フリーターがアルバイトで制作助手をつとめることもある。

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!