スタントマン

<< 書籍「13歳のハローワーク」の職業解説 >>

崖や海や濁流などの危険な場所での撮影、衝突する車や暴走する列車内でのアクション、飛行中のヘリにぶら下がったり、毒蛇や猛獣などとの共演、落下したり炎に包まれたり、非常にリスクの高い危険なパフォーマンスを演じる。俳優の身代わりで演じることも多い。着弾や、炎に包まれる撮影の技術や装置を開発することもある。映画でしょっちゅう使われるカースタントは専門の会社がある。アクションタレント養成所を出て、スタントマンに弟子入りするなどして訓練を積むのが一般的。運動神経のない人はできない。炎に包まれるなど、特に危険なシーンの報酬は、「秒給」である。つまり、1秒間いくらでギャラが計算される。危険なアクションやカーチェイスや爆発炎上のシーンが多いハリウッド映画では、スタントマンのレベルが非常に高く、スタントマンを抱える会社も多く、ビッグビジネスになっている。

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!