俳優担当

<< 書籍「13歳のハローワーク」の職業解説 >>

監督と協議しながら、自分の人脈をいかしてキャスティングを行う。プロデューサーが俳優との交渉やスケジューリングを担当することが多いが、インディペンデント制作の映画が増えるにしたがって、専門職としての俳優担当が生まれつつある。俳優やプロダクションに信頼されていて、顔が利き、芸能界の表裏、序列、仁義、タブーなどに通じていなければならない。俳優とのつながりが強いので、俳優担当からプロデューサーに進出する人もいる。メジャーな俳優との親密なつながりがあって、そのスケジュールを押さえることができれば、それだけで予算を獲得できることが多々あるからだ。子役などで、小さいころから芸能界に出入りして、コネクションと知識を身につけた後で俳優担当になった人もいる。

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!