サウンドマン[録音技師]

<< 書籍「13歳のハローワーク」の職業解説 >>

映画撮影の際にダイアローグ・台詞を同時録音し、また周囲の音も録音する。そして、撮影後にアフレコ(アフターレコーディング)と呼ばれる台詞の再録音・整音を行う。最初は、ブームと呼ばれる長いポールの先についたマイクロフォンを、カメラのフレームに入らないギリギリの近さで、俳優に近づけて台詞を拾うという作業から始める。今は、衣装などに留める小さな無線のピンマイクがあるが、衣装がこすれて雑音が出るので、録音の基本はどうしてもブームマイクになる。したがって、優れた聴覚と音の感覚に加えて、長いポールを支え続ける体力も必要である。映画関係の専門学校を出て、映画・映像・CF制作プロダクションで助手から始めるのが一般的だが、最近では、フリーのサウンドマンに弟子入りするという人も多い。

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!