記録[スクリプター]

<< 書籍「13歳のハローワーク」の職業解説 >>

映画の撮影の記録をとる。映画の撮影では、脚本順に撮っていくわけではなく、また監督の意図や俳優のアドリブで台詞が変わったりする。また同じカットを何度も繰り返して撮ったりするので、どのテイクが、つまり何番目に撮ったものがOKカットなのか、台詞がそのつどどう変わったか、などを記録しておかないと編集の際に混乱する。さらに映画のつながりのために、俳優の立ち位置や衣装・ヘア&メイクなども記録する。映画関係の専門学校を出て、助手から始めるが、どういうわけかスクリプターのほとんどは女性である。アメリカでは、スクリプトスーパーバイザーと呼ばれるが、仕事の内容は日本とほとんど同じ。

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!