特機(とっき)

<< 書籍「13歳のハローワーク」の職業解説 >>

タンク車からホースをつないで雨を降らせたり、大きな扇風機を回して風を作ったり、フォッグマシンやスモークマシンで霧や煙を出したり、カメラの乗ったクレーンを操作したり、カメラ移動車を押したり、カメラ移動車のレールを敷いたり、配線のない撮影機材の操作をすべて担当する。カメラのハレーションをさえぎる役目は、日本だと撮影部が担当するが、アメリカはグリップと呼ばれる特機部(※1)が担当する。映画関係の専門学校を出て、特機部門を持つ会社に入って助手から始めるのが一般的。

※1 編集部注:「特機」とは、「特殊機械」の略。

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!