オプチカル技師

<< 書籍「13歳のハローワーク」の職業解説 >>

暗い画面からしだいに映像が現れてくるフェード・イン、逆に映像がしだいに暗くなるフェード・アウト、画面が静止するストップモーション、複数の映像を重ね合わせるオーバーラップ(ディゾルブ)、メインタイトルやスタッフクレジット、そういった特殊な光学処理を行う専門職。オーバーラップなどはコンピュータによるデジタル処理でも可能だが、それと区別して、オプチカル(光学)処理と呼ばれている。複雑なオプチカルプリンターを使って、画像を合成・処理するが、微妙な調整が必要なので、知識とともに経験が何より重要となる。専門学校や、光学のカリキュラムのある大学を出た後、映像会社に入って経験を積む。

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!