予告編制作

<< 書籍「13歳のハローワーク」の職業解説 >>

映画の予告編を作る。撮影所全盛時代は、セカンド助監督(第2助監督)が予告編を作っていた。だが、宣伝素材としての予告編の重要度が増すにつれて、予告編は専門の会社で作られるようになった。現在、ほとんどすべての予告編は、専門会社で作られている。配給会社から依頼を受けて、洋画の予告編を作ることも多い。映画の制作会社や洋画配給会社とミーティングを重ねて、その映画の魅力の核を考え、印象的な台詞を拾ったり、キャッチコピーを作ったり、本編にはない映像をデジタル処理で作ったり、文字タイトルをデザインしたり、効果音や音入れなどを行う。予告編制作チームには、演出、制作、ネガ編集、CGデザイナーなどがいる。予告編の仕事につくには、映画関係の専門学校を出て、予告編制作会社に入るのが一般的だが、会社から独立してフリーで活躍する人もいるし、予告編という独特の世界に魅せられて、たとえばCF業界から移ってくる人もいる。予告編にはマニアックなファンが多く、カリスマ的な予告編制作者も何人かいる。

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!