テレビプロデューサー

<< 書籍「13歳のハローワーク」の職業解説 >>

テレビ番組の企画を立て、出演者とお金を集める。プロデューサーになるには、テレビ局か番組制作会社に就職し、アシスタントプロデューサー(AP)として、先輩について仕事を覚えることから始まる。プロデューサーには中間管理職的な側面があり、アシスタントからディレクターを経て、現場仕事をしないプロデューサーになる場合もある。またテレビ局には派閥争いがあり、自分を可愛がってくれていた上司が失脚すると、自分もそのあおりをくらうということもあるそうだ。好きなタレントや俳優と仕事ができること、自分の考えた企画を番組として形にできるのが、プロデューサーの喜びだという。

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!