ラジオディレクター

<< 書籍「13歳のハローワーク」の職業解説 >>

ほかのスタッフや出演者と番組の中身を決め、それに沿って番組の録音や放送の一切を取り仕切る。選曲や、録音番組の場合は録音後のテープの編集なども行う。番組によってラジオ局の社員が担当したり、制作会社のスタッフ、フリーランスのディレクターがつとめたりする。いずれにせよアシスタントディレクターとして、ディレクターの下で雑用係などを経験してから一本立ちするのが一般的。ラジオ局に入社する以外でいうと、専門学校などを経て、アルバイト的な形でアシスタントディレクターとして働き始めるケースが多い。

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!