舞台監督(ステージ)

<< 書籍「13歳のハローワーク」の職業解説 >>

芝居やミュージカルなどの舞台で現場の進行管理をする。演出家が俳優への指導など映画監督的な役割を果たすのに対して、舞台監督は美術や照明、音響などの技術スタッフの総責任者という位置づけ。具体的には、稽古では、演出家とともに、舞台装置の安全のチェックや、予定どおり場面が転換するかといった打ち合わせを行い、本番では場面が転換するタイミングの指揮をとる。制作会社や劇団、劇場に所属する人とフリーで活動する人がいる。舞台監督になるには、監督助手として監督のもとで学ぶのが一般的。専門学校や大学で舞台の知識やデザイン、文学を学べば、仕事のプラスになる。スタッフ間のミーティングも多く、人をまとめる能力もいる。

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!