舞台音響

<< 書籍「13歳のハローワーク」の職業解説 >>

ミュージカル、商業演劇から小さな劇団の舞台まで、いわゆる「お芝居」の音響を担当する。たとえば、雨の音や雷の音を作ったり、実際に録音したりして、シーンに応じてタイミングよく流す。大きな会場などでは、マイクを用いて俳優の声も担当する。本番だけでなく、稽古のときからつきっきりで仕事をする。現在は、出来あいの音源がCDライブラリとして販売されているため、それらを用いるケースも多い。音響関連の会社に属する人が多いが、フリーで活動する人もいる。ただフリーにしても自分で音響会社を設立するといったケースが多い。

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!