スポーツカメラマン

<< 書籍「13歳のハローワーク」の職業解説 >>

スポーツカメラマン新聞社、通信社、出版社、写真エージェントなどに所属するカメラマンとフリーランスのカメラマンがいる。ただしとくにフリーランスの場合などは、仕事として対象となるスポーツが、サッカー、テニス、自動車レースなど、ある程度人気のあるものに限られる。かつて動きの激しいスポーツは、もっとも撮影技術が必要なジャンルのひとつといわれたが、カメラやフィルムの性能が向上し、あまりその面での差が出なくなった。それでも競技によっては試合でのシャッターチャンスが非常に限られており、経験やそのスポーツへの知識は欠かせない。また海外での取材も多いため、外国語が話せることは非常に有利になる。スポーツカメラマンになるには、新聞社など、採用を行っている会社に入る場合や、カメラマンのアシスタントとして働き始める場合がある。

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!