競馬予想師

<< 書籍「13歳のハローワーク」の職業解説 >>

競馬で、馬の着順を予想することを職業にする。当日の馬の毛艶や足の運び方、今までの実績、調教師やトラックマンからの情報収集など膨大なデータのなかから、レースの行方を占っていく。自分でお金を賭けてその配当で生活する人がいるが、当然、ギャンブルに生きるわけだから運に左右される。また、競馬場にスペースを設け、自分の立てた予想を「売る」予想屋がいる。基本的には、各競馬場の許可を得て開業することになるが、これも生き残れるかどうかは実績次第で、まったく保証はない。いちばん現実的なのは、競馬専門の新聞社や雑誌社に就職し、スタッフになることだろう。テレビ番組などで競馬予想をしている専門家は、こうした会社に勤めている記者やライターの場合が多い。出版社にしても、刊行物の売れ行きは、予想が当たるか外れるかにかかってくる。本当に馬が好き、競馬が好きという気持ちがなければ続けていくのは難しい。

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!