金券ショップ

<< 書籍「13歳のハローワーク」の職業解説 >>

飛行機・新幹線のチケットや高速道路の通行券、映画鑑賞券、切手、印紙、百貨店の各種商品券など、さまざまな「金券」を購入・販売する。粗利益が1%から2%という薄利多売の商売なので、売れ筋の商品を大量に仕入れ、素早くさばかなければならない。安定的な仕入れのルートの確保が必須で、たとえば、映画会社やスポンサー企業が観客動員のために取引先などに大量に買ってもらった前売り券を購入するルートなどだ。商品の値段は、枚数と回転率で決まる。売れ行きにスピードがあれば、利益率が低くても商売が成り立つ。期日限定の前売りチケットなどは当日には100円で売られることもあるし、人気のない映画は最初から値引きをする。すべて需要に応じて対処するビジネスである。金券ショップに勤めて、相場感覚を磨くとよい。

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!