森林官

<< 書籍「13歳のハローワーク」の職業解説 >>

全国の国有林の保護管理の最前線である森林事務所に勤務し、自分の足で国有林を歩きパトロールを行い、国有林を守り育てるための調査、管理を行う。森林官は国家公務員であることから、公務員試験に合格し、林野庁か森林管理局に採用されなければならない。日々の手入れだけでなく、5カ年計画で行われる伐採場所を決めるのも森林官の仕事であり、木や森に関してエキスパートであることが要求される。また、一日の多くの時間を森林のなかで費やすことになるため、体力があることも必須の条件。森林は水を蓄えるなど、人びとの生活にとって大切な役割をはたしており、それを支える森林官の役割も大きなものとなっている。

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!