アウトドアスポーツ・インストラクター

<< 書籍「13歳のハローワーク」の職業解説 >>

アウトドアといっても種類は多い。代表的なものに、ロッククライミングやマウンテンバイク、カヌーやラフティングなどがある。インストラクターの資格はさまざまな団体や協会が発行しているが、統一的なものはほとんどない。たとえば人工のクライミング施設を使った競技で、壁面にルートを設定する「ルートセッター」などは、国際的な大会でインストラクターを公認している。インストラクターの多くはアウトドア関連のショップ、たとえばカヌー体験のツアーを組む会社などに所属し、体験希望者に指導を行い、ツアーのリーダーをつとめる。また、スポーツ用品メーカーに勤めていることも多い。現在、注目されているのは「自然体験活動インストラクター」で、山や林間、海、川でキャンプやトレッキングを行うためのノウハウを、専門学校やツアー・ショップで指導する。これには、自然体験活動推進協議会(CONE)が、資格を発行している。

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!