宅配便ドライバー

<< 書籍「13歳のハローワーク」の職業解説 >>

セールスドライバーとも呼ばれる。ふつう、担当するエリアが決まっており、コンビニや酒屋などの取扱店や会社、事務所、または個人宅から荷物を集荷し、センターに運ぶ。また、センターから目的地に配達する。新規の顧客を開拓する営業も大切な仕事だ。大手宅配便会社は全国にネットワークを持っており、深夜、長距離輸送をするドライバーもいる。時間指定の配達や留守時の再配達も含め、朝から夜遅くまで身を粉にして働く体力勝負の世界だが、荷物の到着を待つ客の喜ぶ姿に接する喜びは大きいという。接客業なので、たとえば配達先の近所に迷惑をかけるような大声は避けるなどの気配りも必要。今後、さまざまな商品が無店舗ネット販売になることが見込まれ、ますます需要が高まってくる。就職に大した条件はないが、普通自動車免許を取得後1年の運転経験が必要とされる場合が多い。

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!