バイク便ライダー

<< 書籍「13歳のハローワーク」の職業解説 >>

バイクを使って客から委託された荷物を目的地まで運ぶ。バイク便会社と契約して仕事をする。普通自動二輪免許を持ち、バイクは自前がほとんど。配達するものはさまざまだが、マスコミ関係では原稿、写真やビデオフィルムの受け渡し、一般会社では書類の受け渡し、製造会社では小さな機械部品の配達などが多い。大都会内の短時間での運搬が売り物だから、スピード・安全・確実を実行する運転技術と信頼性が求められる。給与体系は完全出来高歩合制が多く、その日の売り上げの40%ほどが収入になる。ひと月まるまる働けばある程度の高収入になることもある。週3日以上の勤務ができればいい会社が多いので、気ままに働きたいバイク好きにも向いている。2003年の郵政の部分民営化により、手紙などの信書の配達を始めた会社もでてきたので、仕事の領域は広がっている。また、自転車によるバイシクル便もある。

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!